ちょこっと山歩き・丹波の半国山も黄葉が見頃だった!

”20.11.18.(水)
今回は、丹波の半国山へ黄葉を見に行って来ました

IMG_3602.JPG
(写真は、宮前町神前から見る半国山)

半国山、どこにあるかって・・・
亀岡市の西部・畑野町千ケ畑に位置する山で、
丹波の国が山頂から半分見えることから名付けられたそうです。

今回は麓の宮前町宮川から金輪寺を経て新道から山頂へ、
下山は、牛つなぎ広場から音羽の滝を見ながら東本梅町赤熊へ下り、
車道歩きで周回して来ました
今回の軌跡

半国山.jpg

宮川神社の手前に停めてスタート 09:00
何とも簡易なハイキングマップの看板が立っている。

IMG_3559.JPG

宮川神社の鳥居の横から獣除けゲートを開閉し登って行く

IMG_3560.JPG

ここは金輪寺の旧参道のようで、
苔むして滑りそうな石段をジグザグに登って行く
やがて、金輪寺への舗装道に合流し少し登り、
金輪寺口から石段を登れば本堂に飛び出す 09:45

IMG_3563.JPG

境内の大モミジが綺麗に紅葉している

IMG_3564.JPG

本堂の右から新道と呼ばれる道を登って行く

IMG_3566.JPG

桧の植林の中にしっかりとした踏み跡が延びている。
小ピークで左に折れると、右斜面にトラロープが張られている?
付近にはコシアブラが綺麗に黄葉している

IMG_3569.JPG

平坦な所を少し行くと、踏み跡が分岐しているが直進し、
一旦、鞍部へ下り、急斜面を登り返して行く
展望が開けた岩場から、眼下に金輪寺の屋根が見えている。

IMG_3570.JPG

P506を南からトラバースし、広葉樹林の山腹を登って行く。
この付近はコシアブラの高木が多く黄葉が見頃だ

IMG_3571.JPG

この先、落葉樹と常緑樹の自然林を登って行く

IMG_3573.JPG

伐り払われた展望台らしき所から愛宕山と地蔵山が見えている。

IMG_3574.JPG

やがて、右から高圧線が迫って来ると落葉樹林になり、
鮮やかなモミジの紅葉が見られる

IMG_3575.JPG

高圧線の下で井手への道を左に分け、直進して行くと、
半国山の案内板があり、

IMG_3576.JPG

瑠璃渓方面への分岐にやって来る 11:20

IMG_3577.JPG

右に入り、裸木が目立つ斜面をひと登りで開けた台地に飛び出し、

IMG_3578.JPG

半国山山頂へやって来る 11:30

IMG_3579.JPG

山頂は北側が木々に覆われているので、展望は180度しか無く、
南西方向は摂津の山並で、

IMG_3580.JPG

南東方向にポンポン山まで丹波の一部が、

IMG_3581.JPG

東方向は一望出来るが、愛宕山から北山までと、

IMG_3582.JPG
丹波の国が半分は見えず、精々30%ほどじゃないかな

陽だまりの岩陰で大休止
休憩後は、北へ向い下って行くとコナラの黄葉が見頃で、

IMG_3583.JPG

足下はフカフカの落ち葉で道が隠れている。

IMG_3584.JPG

落ち葉の道を下り切ると、牛つなぎ広場に着く 12:40

IMG_3585.JPG

ここで、右に折れて赤熊へ桧の植林を下って行く

IMG_3586.JPG

植林を抜けると落葉樹林でウリハダカエデが見頃だ

IMG_3588.JPG

陽だまりにコアジサイの黄葉も見られる。

IMG_3590.JPG

やがて、落ち葉で埋まる渓谷の横へ下って来る。

IMG_3591.JPG

歩き難い岩ゴロの道を暫く下ると、音羽の滝に着く 13:20

IMG_3592.JPG

周囲にはアベマキが多く、まだ黄葉が残っている。

IMG_3594.JPG

赤熊コースは荒れていると聞いていたが、半端なく荒れ放題。

IMG_3596.JPG

兎に角、歩ける所を探し下り切ると、林道広場に降りて来る。
ここまで車で入れるようで、広い駐車スペースがある。
林道歩きで獣除けゲートまで下り 13:50

IMG_3598.JPG

ゲートを開閉し、赤熊集落から車道歩きで宮川へ向かう。
民家の庭先にフジバカマがまだ咲いている。

IMG_3599.JPG

杉の木に絡まった蔦も黄葉し冬の準備をしているようだ。

IMG_3600.JPG

溜池の周囲を廻り、駐車地点に戻って来る 14:15

丹波の半国山を訪ねて見頃の黄葉を楽しんだが、
山名の由来ほどの展望はなかった

総距離:8.0km
14,523歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • おぎひま

    こんにちは。

    三国岳に続いて半国山、、面白い組み合わせですね。
    展望が半分、、、それが命名の由来なのでしょうかね。
    たとえ半分でも、なかなかの眺望ですよ。
    2020年11月28日 08:48
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    アハハ、三国に半国とは鋭い所を指摘されましたね
    半国山の由来は丹波が半分見えるからですが、今では半分どころか、3割が見えればいいところのようでした
    2020年11月28日 22:47
  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、夢楽さん、”PeRo”さん、
    MORINOBUNAさん、poniesさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、丹波の国が半分見られると云われる半国山へ行って来ました。低山なれど展望は開けていましたが、現在は半分どころか、3割ほどしか見られませんでした
    2020年11月28日 22:55
  • izumi

    元ホーム・マウンテンの半国山にようこそ!!
    気温が高かったのでしょうか?
    霞んでいて残念でしたね!
    かなり展望は良い山なのですが・・・(180度の展望には変わりありませんが。)
    私は何度か登った最後の12月末に下界は霧が立ち込めて山頂は晴れた景色を堪能しました。
    クリックしてのぞいて下さい。
    赤熊コースは手がつけられませんね!
    2020年11月29日 18:20
  • 山ちゃん

    izumiさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、主の留守にお邪魔して来ました
    気温が低ければ雲海で出ている筈ですから、高かったのでしょうね。曖昧なハイキングコースの看板は煩わしいだけで現実と合っていませんね
    山頂からの展望は山名の由来とは違っていましたが、このままではもっと悪くなって行くと思いました。せめて、山頂の周囲だけでも雑木や松の若木は伐り払っておかないと、数年後は手が付けられなくなりそうです。
    赤熊コースは酷いですね案内板だけは新しいですが、もう少し整備をしないと怪我をしそうですね。
    2020年11月29日 21:25
  • miyo

    こんばんは~
    随分昔半国山は1回目歩いて迷い時間かかたの覚えてます。💦
    2回目は違うルート歩き冒険して見た事あります。
    変に分岐多くて迷いやすい山なのでは?と感じました。
    山頂は広くなってますね!
    モミジも良いですが、やはりコシアブラの黄葉が鮮やかで目立ちますね!
    2020年11月29日 23:23
  • 山ちゃん

    miyoさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、確かに地図に無いルートが合流していますね。
    でも、高圧線と鉄塔が目印になりますから、何とかなりますよね
    山頂は広いですが、北側の木々が邪魔で展望が利かないの残念ですね。
    コシアブラの黄葉は遅くまで見られますし、色が鮮やかなのがいいですね
    2020年11月30日 22:05