ちょこっと山歩き・南鈴鹿の珍名山『忍者岳』&『ぞろぞろ峠』!

”19,12.19.(木)
今回の珍名山は、
南鈴鹿の忍者岳(728m)とぞろぞろ峠(559m)です

IMG_8693.JPG

(写真は、麓の甲賀町五反田から見る忍者岳)

忍者岳、どこにあるかって・・・
鈴鹿山系の南端にある山で、
名が付けられていない山があり(地理院の地形図にもない)、
伊賀甲賀の間にあるので忍者岳になったと云われています。

「ぞろぞろ峠」は伊勢への古道。伝承では源義経の軍路、壬申の乱での大海皇子、そして、斎王の群行路として使われたそうです。

今回は、伊賀市の奥余野公園から三馬谷渓谷を登り油日岳へ、
県境尾根(鈴鹿縦走路)を東進し忍者岳へ、
三国岳から尾根を南下し、ぞろぞろ峠から東海自然歩道で奥余野公園へ戻る周回です。
今回の軌跡

忍者岳.jpg

甲賀市からJR草津線に沿ってやって来ると
道路脇の飛び出し坊やが忍者に変身している

IMG_8694.JPG

余野公園から倉部川の上流までやって来ると奥余野公園で、
トイレと広い駐車場があり 09:55

IMG_8665.JPG

珍名山に登録するつもりの忍者岳ぞろぞろ峠の文字が見える

IMG_8666.JPG

まずは、三馬谷渓谷から油日岳を目指す事にし舗装道路を登って行く。
道路の終点が三馬谷渓谷の入口で左の道へ入って行く 10:10

IMG_8667.JPG

紅葉が終わっているので渓谷美はイマイチのようだが、
三馬谷には昇竜・水竜・雲竜・天竜の四つの滝が見られ、

IMG_8668.JPG

岩壁に鎮座する不動明王の石仏もある。

IMG_8669.JPG

ここから忍者岳へ直登ルートがあるようだがパスし、
木の根が張り出した急坂を登って行く

IMG_8671.JPG

登り切れば、鈴鹿山系最南端の油日岳(693m) 10:55

IMG_8672.JPG 

以前は、麓の油日神社から登ったが奥宮の岳神社が懐かしい。
ここ油日岳から鈴鹿縦走路が始まり、こんな尾根を登って行く。

IMG_8673.JPG

最初のピークが加茂岳(701m)で 11:05

IMG_8674.JPG
地形図に名前は載っていないが山名板があり、
木々の間から那須ケ原山の大きな山容が見えている。

IMG_8676.JPG

歩きやすい縦走路もこんなスリリングな所も通過し、

IMG_8677.JPG

主尾根から外れた枝尾根の先にピークが見えている

IMG_8678.JPG

緩やかに登ると忍者岳(728m)山頂 11:20

IMG_8679.JPG
山頂は忍者が隠れているかのように木々に囲まれている
山頂の南側から三馬谷滝への道が延びている。

主尾根に戻り、望油峠へ激下り峠から急登の連続で
三国岳(711m)へ乗り上げる 11:30

IMG_8682.JPG
三国岳は名の通り三国、伊賀、甲賀、伊勢を見渡せる筈だが・・・
木々の背丈が伸び過ぎて見えないに等しい

三国岳から鈴鹿縦走路を外れ、境界尾根を南下して行く。
振り返れば、枝尾根の中央に忍者岳が見えている。

IMG_8683.JPG

右手には甲賀の街並みが、

IMG_8684.JPG

左手には明星ケ岳や2月に登った筆捨山が見えている筈

IMG_8687.JPG

急斜面を下り、開けた尾根で大休止
休憩後は緩やかに登りかえすと倉部山(688m) 12:25

IMG_8688.JPG
ここも地形図に名前は載っていないが山名板がある。

緩やかに下り切ると、東海自然歩道と交差するぞろぞろ峠 12:35

IMG_8689.JPG

ここは地形図にP559として載っている。

IMG_8690.JPG
これで今日は二つ目の珍名山を踏む事が出来た

ぞろぞろ峠から右へ東海自然歩道を下って行く
途中、坎霞渓と呼ばれる迫力に欠ける渓谷を通過し 12:50

IMG_8691.JPG

奥余野公園の東海自然歩道入口へ降りて、 

IMG_8692.JPG
駐車場へ戻って来る 13:05

南鈴鹿で51座目の忍者岳とぞろぞろ峠を珍名山に登録し、
油日岳、加茂岳、三国岳、倉部山と忍者の如く歩き廻った

総距離:4.5km
7,470歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • おぎひま

    こんにちは。

    これは強烈な珍名山&珍名峠。
    忍者がゾロゾロだなんて、絵が浮かびますよ。
    往年の忍者たちも、移動中に花を愛でたり、
    キノコを見つけて持ち帰ったりしたのでしょうかね。
    2019年12月23日 09:13
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、今回の山は珍名山にピッタリでしょう
    甲賀と伊賀の忍者が仲良くしていたとは思えませんが、どうも忍者岳が緩衝地帯だったとか?
    忍者ですから毒キノコやトリカブトなどを採取していたのじゃないでしょうか
    ぞろぞろ峠も変わっていますでしょう。略してゾロ峠とも呼ぶそうですが、ぞろぞろの方が珍名でしょう。

    2019年12月23日 11:58
  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、小天狗さん、夢楽さん、
    こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は鈴鹿山系の最南端へ珍名山を登録に行って来ました。甲賀と伊賀の間にあるから忍者岳とはこじ付けでも納得いく気がします
    おまけに、ぞろぞろ峠なんてのもありました。
    2019年12月23日 12:06
  • MORINOBUNA

    こんばんは。
    面白い~!
    忍者がゾロゾロですね~!!!
    忍者岳はそれらしいのですが、ぞろぞろ岳は何かゾロゾロと出てきたのでしょうかね~?
    2019年12月23日 21:08
  • 山ちゃん

    MORINOBUNAさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、珍しい山名の山を見つけました
    伊賀と甲賀の間ですから、忍者は一杯いたのでしょうね
    ぞろぞろ峠はどんな人達がぞろぞろと通っていたのか?想像するだけでワクワクしてきます。
    2019年12月24日 00:06
  • 山ちゃん

    totoさん、poniesさん、”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、鈴鹿山系の最南端にある忍者岳を珍名山に登録しに行って来ました
    地理院の地形図には載っていませんから、知る人ぞ知る山ですが、甲賀と伊賀の間にあるから忍者岳とはロマンを感じさせる珍名山でしょう
    おまけに、ぞろぞろ峠なる所もありますから、珍名山に登録しても可笑しくないでしょう
    2019年12月24日 00:16
  • 山ちゃん

    miyoさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    鈴鹿にはカタカナ文字の山が多いですが、こんな忍者岳なる山もあります
    モチのロン!地形図にも載っていないですから、知る人ぞ知るですが、ぞろぞろ峠なる峠もあり、甲賀と伊賀の間は面白そうな所です。
    2019年12月30日 11:06