ちょこっと山歩き・錦秋の白山・平瀬道!《後編》

”17.10.08.(日)
ちょこっと山歩き・錦秋の白山・平瀬道!
《前編》 の続き
画像

(写真は、紅・黄葉に包まれている大倉山)
平瀬道で紅・黄葉と展望を楽しんで来たので、
今年最後の白山を偲んで・・・
御前峰とお池めぐりを楽しんで下山する事にする

何時もの事だが、ここからの足が思うように進まない
騙し、騙し登って行くと、まだイワギキョウが咲き残っている。
画像

熊の好物も美味しそうに実っている
画像

今回は寝不足もあって、ヘロヘロで御前峰に辿り着いたが、
画像

山頂は登山者で溢れかえって写真も撮れない状態。
即、立ち去り、展望のいい岩場で大休止
休憩後は、お池めぐりへと下って行く
今回、大汝峰は見るだけにしておこう。
画像

御前峰と剣ヶ峰!
画像

翠ケ池のコバルトブルーは何度見ても美しい。
画像

後方には北アルプスの山並が勢揃いしている
画像

千蛇ケ池の残雪は融ける事がなかったようだ。
画像

ミヤマリンドウがまだ沢山咲いており、
画像

白花を探すも、薄ピンクの花が残っていた
画像

室堂の残り紅葉を見ながら、
画像画像
画像

平瀬道を下って行く
大倉山はナナカマドとダケカンバの紅・黄葉で埋め尽くされいる。
画像画像
画像

それにしても、ナナカマドの真っ赤が素晴らしい
画像画像
画像
画像

大倉山避難小屋も登山者で溢れている。
画像

ダケカンバも今が一番見頃かな
画像

足下にはリンドウがまだ咲き残っている。
画像

紅・黄葉のトンネルをルンルン気分で下って行く
画像

眼下には白水湖のコバルトブルーが映えている。
画像

ブナの黄葉はまだ始まったばかりのようだ。
画像画像
画像

10時間半の紅・黄葉を楽しんで登山口へ下りて来ると、
道路上は無法地帯の如く駐車車両で溢れ返っている
駐車場へ戻って来ると・・・
あ~あっ!車が無い

付近を探すと、5~6m離れた所へ移動している
駐車場の一番端っこに停めていたので、何も邪魔にはならない筈だが
タイヤは泥まみれになっているし、サイドミラーも曲っている。
ハンドルも正面を向いていないし?
でも、サイドブレーキは引いているし、ドアロックもしているのに
恐る恐る、ドアを開けてみると、何も盗まれた物はないようだ。
携帯は圏外で通じないので、何かあってもお手上げだ
帰宅後、近所の交番で伺うと・・・
警察は犯罪の恐れがない限りは移動させたりする事はないとの事。
白川村も駐車場内のトラブルには関知しないそうなので、
誰かが意図的に移動させたに違いない

錦秋の白山・平瀬道を楽しんだが、
最後に不可解で釈然としない思いが残る。

総距離:19.1km
31,819歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • コマクサ

    おはようございます。
    私たちも室堂から山頂までが、
    最近は歳のせいか???
    しんどくて、
    なかなかたどり着きませんょ

    それにしても紅葉を楽しんだ後、
    ルンルン気分で帰ってきたのに
    車が移動されていたとは、
    どう言う気持ちで動かしたのでしょうね?
    不思議ですねぇ~!
    2017年10月15日 08:44
  • ぶちょうほう

    山ちゃん様 こんにちは
    今回も写真を存分に楽しませていただきました。
    山岳眺望の良さもさることながら、紅葉の見事さにうっとりさせられました。
    これがあるからこその駐車場の大混乱なのでしょうね。
    それにしても車を移動させられていたとはびっくりしたでしょうね。
    小生の下手な推量ですが、4~5人以上の人数でワゴン車に乗り合わせて来たグループが、その人力で山ちゃん車を無理やり、ずり動かして、自分たちのワゴン車をその場所に入れたのではないでしょうか。
    勝手に移動させたのだとすれば、不届き千万ですね。
    2017年10月15日 14:11
  • 山ちゃん

    コマクサさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、五葉坂は何とか登れるのですが、室堂から咲きは・・・同じようにお疲れの方がおられて心強いです

    折角楽しい思いをして戻って来たのに、車が無かった時は吃驚仰天でした。でも、移動させられているだけでホットしましたが、なんか釈然としないままで帰ってきました
    2017年10月15日 14:45
  • 山ちゃん

    ぶちょうほうさん、こんにちは
    いつもコメントを有難うございます

    ハ~イッ、白山の紅葉が一番いい時だったようで、あんなに沢山の車が停まっていたのは初めてです。でも、路肩にワンサカ停まっていましたから、山ちゃんの車を1台くらい動かしても埒が明かないでしょうに
    恐らく、後から次々とやって来た車が駐車場の出口を塞いでしまったので、端っこの小さな車を強引に動かして、出口にしたのじゃないかな?
    勝手に動かしたのは間違いないですから、腹が立ちますが、その場にいませんでしたから後の祭りですね
    2017年10月15日 14:55
  • 山ちゃん

    poniesさん、MORINOBUNAさん、夢楽さん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は白山・平瀬道で紅・黄葉を思う存分楽しめました
    展望も抜群でしたが、最後の最後でとんでもないハプニングが待っていました
    でも、盗難がなくて何よりでした。
    2017年10月15日 15:02
  • 一歩

    山ちゃん、こんにちは!
    それにしても見事な紅葉と山の展望ですね、素晴らしい紅葉を一度見てみたいもんです。
    白山の平瀬道はまだ歩いた事が無いので機会があれば歩いてみます。
    車を勝手に動かす人がいるなんて・・・でも何も盗難されなくて良かったですね。
    2017年10月15日 17:35
  • 山ちゃん

    一歩さん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、蝶ケ岳ほどの展望はありませんが、北アルプスが一望できるのはいいですよね本当の目的は紅葉ですから、バッチリ見頃で大満足ですが・・・
    車を勝手に動かすのは犯罪っぽいですよね。車上荒らしでなくてよかったですが、携帯が圏外でしたから後の祭りです
    2017年10月15日 20:37
  • 山ちゃん

    ぽんぽこ狸さん、”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は白山・平瀬道の紅・黄葉を存分に楽しめましたが、最後に釈然としない車の移動に腹立たしく、楽しみが半減する思いです
    2017年10月15日 20:47
  • izumi

    白山もこの時期は多くの人が登るのですね。
    パッチワークのような赤黄葉も素晴らしいですがナナカマドの赤色にはビックリですね。
    我が家も駐車場でのトラブルはありますが、さすがに勝手に動かすなんて信じられませんね。
    2017年10月16日 23:14
  • 山ちゃん

    izumiさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、この日の人出はこれまでで一番多かったと思います。仰るようにナナカマドの紅葉は抜群でした
    折角楽しく戻って来たのに車が無かったのには吃驚仰天でした
    何故?動かされたかは不明ですが、一人や二人では動かせませんから、数人で行っている状況を目撃した人がいる筈ですが、何も咎める事をしなかったのが不思議です

    2017年10月16日 23:51
  • 山ちゃん

    kazukunさん、今晩は
    拙いブログに拍手を有難うございます

    今回は、白山で最高の紅・黄葉を楽しんで来ましたでも、最後に不可解な出来事に遭遇して釈然としない山歩きになってしまいました
    2017年10月16日 23:57
  • 山ちゃん

    青木院長さん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今年は紅・黄葉の一番いい所を見る事が出来ました
    でも、最後に後味の悪い思いが残ってしまいました
    2017年10月18日 11:07
  • たまて箱

    こんにちは。
    素晴らしき紅葉頂上の賑やかさ歩く
    足元にリンドウやキキヨウ目に飛び
    込んできたコバルトブルーやあ~
    楽しい山歩きでしたね。
    下山してびっくりでしたね、キツネに
    つままれた様で未だにチンプンカンプ
    ンでしょうね。
    2017年10月27日 16:30
  • 山ちゃん

    たまて箱さん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、一番いい時に訪ねる事が出来ましたが、やはり、独り占めは出来ないもので多くの登山者で溢れ返っていました
    嬉しい事に咲き残りの花もあり喜んでいましたが、下山して吃驚仰天でした
    2017年10月28日 15:48