ちょこっと山歩き・晩秋の北部台高縦走路!

”14.11.23.(日)のち
今回は、北部台高縦走路を南下し、
1月に登った馬駆ケ場(1316m)を再訪してきました
一月の山歩きは、ちょこっと山歩き・台高の馬駆ケ場!
画像

(写真は北部台高縦走路から見る高見山)
今回は、木梶林道の途中から台高縦走路に登り、
縦走路を南下し、馬駆ケ場を再訪してから木梶山を通り、
木梶山林道の終点へ下る周回で行ってきました。
今回の軌跡
画像

登山口までの林道沿いにはまだ紅葉が残っている
画像
画像
画像

木梶林道の龍王社前にあるゲートの傍に駐車しスタート 9:30
林道を10分も歩けば10mはあろうかの一筋の滝があり、
この滝を高巻きして登って行く事にする。
画像

少し先の山仕事用の梯子から取り付く事にする 9:40
画像

滝の上部を慎重に越えて、支尾根の急斜面をひたすら登って行く
やがて、勾配が緩くなり広い稜線に飛び出し、
南に少し行くと、雲ケ瀬山(1075m) 10:25
画像

ここからは、よく歩かれている北部台高縦走路を南下して行く。
画像
画像

誰にも逢わないと思っていたが、大きなザックを背負った男性が一人登って来る。
何んと、明神平でテン泊し、高見山まで縦走の途中だそうだ
開けた縦走路から振り返れば高見山が綺麗な山容で見えている(冒頭の写真)
直ぐ隣には、先程までいた雲ケ瀬山がどっしりと見える
画像

やがて、ハッピノタワと呼ばれる所に着くと、一人の登山者が休憩しているのが見える
いや~あっ、マイナーな山域だと思っていたが、とんでもない誤解だった
伐採地を回り込むようにススキの原っぱを登り、
画像

開けたピークから三峰山がどっしりと見えている
画像

植林帯の急登をすれば、ハンシ山 11:15
画像

小さなアップダウンを繰り返し進めば、右から尾根が合流してくる伊勢辻 11:50
画像

東に方向を変えて、暫くすると伊勢辻山(1290m) 12:00
画像

前方には、赤ゾレ山、国見山、水無山、明神岳の展望
画像

南向かいには光のシャワーを浴びる薊岳も見えている
画像

赤ゾレ山には立ち寄らず、草原をトラバースして行くと、
何やら花の多そうな赤ゾレ池の横へ出てくる 12:20
画像

縦走路を10分も行けば三叉路に着き、馬駈ケ場辻 12:30
画像

一人の男性が食事中で、馬駆ケ場北尾根を登って来られたそうだ。
お話を伺うと、この山域の常連さんのようで、色んなルートを登っておられ、
ハンシ山から木梶林道へ下るルートで周回されるそうだ
お気を付けて
北部台高縦走路から外れて、東へ延びる尾根へ入って行く。
起伏の少ない尾根を暫く行くと・・・
1月に訪れた馬駈ケ場だが、やはり山名板らしき物が見当たらない
画像

でも、GPSの標高(1316m)と一致するので間違いない筈だ!
大休止で
休憩後は、引き続き尾根を東に進み、
木梶山分岐から、緩やかに下りながら北へ向かう。
木々がない開けた斜面からは、倶留尊山方向の展望が広がっている。
画像

一旦、鞍部に下り登り返せば木梶山の南峰で、
歩きやすい尾根を暫く行くと、木梶山山頂(1230m) 13:25
画像

真新しい三等三角点『木梶』にタッチ
画像

な~んと、ここでも若いカップルに出くわし、MTBで林道終点までやって来られたそうだ。
この先は、北西の支尾根を緩やかに下って行く
やがて、吃驚するような急坂を激下りで、
木梶山林道の終点で、木梶山の登山口へ降りて来る 13:55
画像

ここからは、長~い林道歩きで駐車地点へ戻る。
縦走路への取り付き点 14:30
駐車地点 14:45

北部台高縦走路を満喫し、
気持のいい尾根歩きで馬駆ケ場を再訪出来た。

総距離:15.5km
25,773歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキングへ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    shinsukeさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    1月に登った馬駆ケ場の検証に訪れましたが、やはり山名板はなくて証しになる物がありませんでした
    でも、馬駆ケ辻なる所がありますし、間違いないでしょう
    2014年12月03日 20:15
  • 山ちゃん

    ”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    馬駆ケ場の検証だけでは物足りないので、バリエーションで北部台高縦走路に乗り上げてみましたマイナーな縦走路かと思っていましたが、如何せん立派過ぎる縦走路で来春にも歩いてみたくなりました
    2014年12月03日 20:22
  • 山ちゃん

    RYOUZENN & みっちゃんさん、
    今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    馬駆ケ場に、またまたやって来ましたが、積雪のある頃と随分違って、楽しい山歩きの出来る山域だと云うのが判りました
    来年は花探しに訪れてみたいです
    2014年12月04日 20:42
  • 山ちゃん

    MORINOBUNAさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    馬駆ケ場は、雪融けを待ってから再訪したいと思っていましたが、やっと今頃になって訪ねてみました
    先入観でマイナーな山域だと決めつけていましたが、とんでもない誤解で花も多そうで目が離せなくなりそうです
    来年はルートを変えて訪れてみたいものです。
    2014年12月04日 20:50
  • 山ちゃん

    山じいさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    やはり、馬駆ケ場には山名板がありませんでした
    積雪で隠れていると思っていたのですが・・・
    でも、馬駆ケ辻なる標識がありましたから間違いないでしょう
    それよりも北部台高縦走路の方が面白そうで、また訪れてみたいものです
    2014年12月05日 21:23
  • 山ちゃん

    KURIさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    馬駆ケ場を再び訪れましたが、山名板もなく登った証しの照明は出来ませんでした
    でも、馬駆ケ辻なる標識もありましたから、間違いない事でしょう。
    これからは目を離せない山域になりそうです。
    2014年12月05日 21:30
  • 山ちゃん

    ヒデキチ♪さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    馬駆ケ場の再訪に訪れたのですが、台高縦走路の面白さに嵌ってしまったようです
    是非、来年は訪れてみたい山域になりました
    2014年12月05日 21:34
  • 山ちゃん

    ハンスさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    長距離の台高縦走路を初めて歩きましたが、案外しっかりした登山道のようで、車が二台あれば楽しい稜線歩きが出来そうです
    やはり、花の頃が一番でしょうが、紅葉も素晴らしいようなので来年が楽しみです。
    2014年12月08日 13:37
  • 山ちゃん

    青木院長さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    年明けに登った馬駆ケ場、やはり、山頂には山名を証明する物がありませんでした
    でも、台高縦走路の楽しさを垣間見たようで、これからの楽しみが増えました
    2014年12月09日 20:41
  • 山ちゃん

    赤兵衛さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    馬駆ケ場の検証に登ったのですが、やはり、山頂には証しとなる物がありませんでした
    でも、おかげさまで台高縦走路の面白さを実感させられました
    2014年12月10日 21:38
  • 山ちゃん

    リッキーさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    年明けに登った馬駆ケ場へ、またまた行ってきました。やはり、山名を記す物はありませんでしたが、台高縦走路と云う楽しいお土産を見つけてきました
    アケボノツツジの頃が面白そうなので、次回は違ったルートで挑戦してみたいです
    2014年12月14日 22:01