ちょこっと山歩き・今年も逢えた釈迦ケ岳のオオミネコザクラ!

”20.05.27.(水)のち
今年も、釈迦ケ岳へオオミネコザクラを見に行って来ました

IMG_0925.JPG
(写真は、見頃だったオオミネコザクラ)

オオミネコザクラ (大峰小桜)
サクラソウ科サクラソウ属
絶滅危惧II類 (VU)に指定されています。
大峰、台高山系に生育するコイワザクラの一種で、
イワザクラより小さくて深い山の岩場に点在して咲いています。

今年は、岩場に咲くサクラソウの仲間ではシナノコザクラや、
コイワザクラ、クモイコザクラに逢えなかったので、
オオミネコザクラが最後の花になってしまった

今年も長~い道のりで十津川村の旭・峠登山口までやって来ました。
平日なのに既に8台も車が停まっている
トイレはコロナ対策か?使用できなくなっている。
今回も感染リスクはゼロに等しくスタート 09:15
予報では10時頃から晴れマークだったが、一面ガスで肌寒い
防寒対策をして登って行くも、直ぐに水滴でドボドボになる
そのせいか、鹿の鳴き声すら聞こえない
足下には白い花ビラが雪のように落ちている。
頭上にはまだ見頃のシロヤシオが沢山咲いている

IMG_0938.JPG

よ~く見ると花ビラがピンク色をしている

IMG_0937.JPG

傍にはシャクナゲも咲き残っている

IMG_0939.JPG

尾根に乗り上げバイケイソウの間を登って行くと、
ワチガイソウが至る所に咲いている。

IMG_0936.JPG

長~い尾根歩きもガスで視界が百mほどしかないので、
どの辺りを歩いているのか分からないのが少し不安
早くも下山の登山者とすれ違うがマスクは着けていない

キャンプ場の水場で水補給と小休止
休憩後は、山頂直下の急斜面を激登り
途中の岩場で中高年三人が下って来るがマスクを着けていないので、
草むらを数mトラバースしてすれ違う

山頂には人影も無く、駐車場に停まっていた人達は何処へ
未だにガスは晴れないが、キレットへ向け急斜面を下る
鎖場のガレ場にピンクの花が見えるので咲いている筈だが・・・
危ない岩場にはヒカゲツツジが終焉間際で咲いている。

IMG_0932.JPG

ヒメイチゲも一輪だけ残っていた。

IMG_0931.JPG

いつもの大岩までやって来ると、あのガスも切れて晴れ
ピンクの花が沢山咲いている

IMG_0926.JPG

傍に寄ってみると、可愛い花に水滴も見られる。

IMG_0917.JPGIMG_0918.JPG

丁度見頃のようで、花が落ちているのがない

IMG_0919.JPGIMG_0920.JPGIMG_0921.JPG

イワザクラとの違いは花の筒部が短く、葉っぱに毛が多い。

IMG_0927.JPG

花ビラは大きなハート形をしています。

IMG_0928.JPG

でも、オオミネコザクラですから、花は小さいです。

IMG_0933.JPG

今年も逢えて良かった

IMG_0934.JPG

何故か?オオミネコザクラの傍には、
フモトスミレそっくりなヒメミヤマスミレ?が群生している。

IMG_0924.JPG

折角だがら、アケボノツツジも見ておこう

IMG_0929.JPG

オオミネコザクラを堪能出来たので、山頂へ登り返して行くと、
キレットで単独の若者がやって来るが、すれ違いが一苦労
山頂に戻ると単独男性が休憩中
五mほど離れた石の上で大休止
休憩後は、誰一人逢わず来た道を戻り登山口へ戻る 14:50

今年も釈迦ケ岳で見頃のオオミネコザクラに逢えた

総距離:8.7km
14,428歩の ちょこっと山歩き

IMG_0935.JPG

人気ブログランキング

"ちょこっと山歩き・今年も逢えた釈迦ケ岳のオオミネコザクラ!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: