ちょこっと山歩き・戸隠山から五地蔵山で花三昧!『後編』

”20.06.21.(日)のち
ちょこっと山歩き・戸隠山から五地蔵山で花三昧!
『前編』の 続き

IMG_1313.JPG
(写真は、屏風岩の下りから見る五地蔵山)

蟻の塔渡り・戸隠山を後に五地蔵山へスタート 09:15
右側は急俊に切れ込んだ断崖絶壁なので要注意。
危ない斜面にミヤマクワガタが5蜜で咲いている

IMG_1289.JPG

ミドリユキザサは白よりも多いかも?

IMG_1290.JPG

右の崖ばかり気にしていると、左がおろそかになるので・・・
ふと、左に目をやると ミヤマハンショウヅルが絡んでいる。

IMG_1292.JPG

やはり、左右を見ながら歩くのが基本だな
お気に入りの窪地へやって来ると、アズマギクが終焉間際かな

IMG_1291.JPG

ここは、遅くまで残雪があったようで、ユキワリソウの群落や、
ハクサンチドリも多く、ヤマオダマキがいい花姿で咲いている

IMG_1300.JPG

人が寄り付けない断崖絶壁にはハクサンイチゲが群生している。

IMG_1307.JPG

踏みつけられそうな道沿いにはノウゴウイチゴが群れている。

IMG_1306.JPG

マイヅルソウは至る所に見られるが、この辺りで加えておこう

IMG_1308.JPG

この稜線で最後の鎖場を登り切ると九頭龍山山頂 10:30

IMG_1309.JPG

この先はロープを頼りに急斜面を一気に下り、
屏風岩を西側からトラバース気味に越えて行く。
足下にはツマトリソウが至る所に咲いている。

IMG_1310.JPG

振り返ると、戸隠山と後方に本院岳、西岳が見えている。

IMG_1311.JPG

屏風岩を過ぎると前方に秀麗な高妻山が見えてくる

IMG_1312.JPG

残念ながらシラネアオイは終わって萎んだ花が落ちている。
ツバメオモトは一株だけ花が残っていた。

IMG_1315.JPG

一不動へ下り切り、十三仏めぐりで五地蔵山へ向かう
サラサドウダンは終わり、ムラサキヤシオが終焉間際で咲いている。

IMG_1329.JPG

ウラジロヨウラクとコヨウラクツツジがまだ咲いている。

IMG_1316.JPG
IMG_1320.JPG

足下のミツバオウレンはまだまだ元気に咲いている。

IMG_1328.JPG

五地蔵を過ぎてひと登りで五地蔵山 12:45

IMG_1342.JPG

陽だまりの岩で大休止
目の前には飯綱山と麓に戸隠牧場が見えている

IMG_1343.JPG

左には黒姫山と森の中に古池が印象的だ。

IMG_1344.JPG

休憩後は六弥勒へ登り返し、弥勒尾根を下って行く
ネマガリダケの根がむき出しの急斜面を下り、
ダラダラと大ブナの点在する尾根を下って行くと、

IMG_1346.JPG

ギンリョウソウが至る所にニョキニョキと出ている。

IMG_1345.JPG

長~い弥勒尾根を下り切り、牧場の端へ降りて来る 14:50

IMG_1347.JPG

牧場の端っこを廻り込んで一不動登山口へ戻って来ると、
草を食む牛が身近に見えている。

IMG_1350.JPG

牧場内の道路を抜けて駐車場に戻って来る 15:15

今年も戸隠山から五地蔵山で花三昧を楽しんだ

総距離:14.2km
23,694歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • おぎひま

    こんにちは。

    高妻山のコース案内、ありがとうございました。
    もしかしたらカミさんが断念したのは、
    行程の長さだったのかもしれません。
    機会があれば、チャレンジしてみたいところです。
    写真を拝見し、なんだかワクワクしてきました。
    2020年07月05日 07:17
  • アルクノ

    断崖絶壁まで行って花観察ですか。
    植物にも詳しい健脚達人さんです

    急峻な山を目にすると、見てるだけ~
    となります
    無事に下山して、ギンリョウソウを見てホットしました。
    2020年07月05日 07:51
  • izumi

    山ちゃんの昨年、一昨年のブログから今年は私も高妻山手前までのお花三昧をちょっと考えていたのですが。
    どう考えても戸隠山経由は無理。
    一不動から九頭龍山山頂までのピストンはと思ったり。
    無理だったら引き返せばいいのですから。(笑)
    シラネアオイとツバメオモト狙いならも少し早い時期が良かったのですね。
    それのしても正に花三昧の山歩きですね。
    2020年07月05日 11:31
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、少しでも参考になりましたでしょうか
    仰るように距離が長いですが、夏場の日が長い時に早立ちであれば十分にピストン出来ますよ。
    半分の五地蔵山の周回だけでも展望と花が楽しめますよ。
    2020年07月05日 22:01
  • 山ちゃん

    アルクノさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、断崖絶壁を好んで咲く花があるんですよ
    植物には色んな植生がありますから、今の時期は多雪地に一度に咲く花を見るのが効率的です
    おまけに、珍しい花も見られるので遠出をするだけの甲斐はあります
    2020年07月05日 22:10
  • 山ちゃん

    izumiさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    アハハ、無理はいけませんよね
    もう少し早ければ、ミヤマスミレの群落が一不動の手前にもありますし、九頭龍山を越えて少しの所にお花畑もありますから、早立ちで五地蔵山の周回がお勧めです。
    2020年07月05日 22:17
  • miyo

    こんばんは~
    戸隠山から五地蔵山までも、蟻の塔渡りと言うだけでもスリルなコースなのですね!
    写真見ると気抜けない痩せ尾根続きで、お花見過ごしそうなコースなので、知らない人は素通りしそうですね!
    怖いコースの山でも、花三昧なので人気なお山なのですね!
    miyoもチャレンジしたくなる、怖いもの見たさの山ですね~
    来年、多分きっと再び戸隠山山頂立ってる山ちゃんが居そう。。


    2020年07月05日 22:26
  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、夢楽さん、MORINOBUNAさん、
    今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今年も戸隠山から五地蔵山で花三昧を楽しんで来ました
    昨年の花の時期からこの日を選びましたが、一週間ほど遅かったようで、シラネアオイを見る事が出来ませんでした
    無理をしてもっと高妻山頂に近い所まで行けば見られるでしょうが、それだけの体力が残っていませんでした
    2020年07月05日 22:28
  • 山ちゃん

    miyoさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、殆どの人は蟻の塔渡りを含む戸隠山だけで、一不動から下山されるようです。
    花好きの山ちゃんは欲張って五地蔵山まで足を延ばします
    アハハ、おだてても二度と行きません
    2020年07月05日 23:02
  • 山ちゃん

    くーさん、”PeRo”さん、かっちゃんさん、
    今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今年も戸隠山から五地蔵山で花三昧を楽しんで来ましたが、少し遅かったようでシラネアオイやミヤマスミレが見られなかったのは残念でした
    でも、雪深い山域なればの一斉に咲く花数の多さにはいつもながら驚きです
    2020年07月06日 21:19
  • 山ちゃん

    poniesさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今年も戸隠山から五地蔵山で花三昧を楽しんで来ましたが、例年よりも少し遅かったようで、シラネアオイやミヤマスミレが見られなかったのは残念です
    でも、天気にも恵まれて花三昧が楽しめました
    2020年07月08日 22:09