ちょこっと山歩き・戸隠山から五地蔵山で花三昧!『前編』

”20.06.21.(日)のち
今年も、戸隠山から五地蔵山で花三昧を楽しんで来ました

IMG_1349.JPG
(写真は、戸隠牧場から見る戸隠山と九頭龍山)

今回は、もう二度と通る事がないと思っていた「蟻の塔渡り」を渡り、
戸隠山から五地蔵山までで花三昧を楽しんで来ました

戸隠キャンプ場登山者用駐車場 05:30
既に8割ほど埋まり、コロナ明けの人気が伺われる。
キャンプ場を抜けて、ささやきの小径から奥社へ向かう。
例年であればササバギンランが出迎えてくれるのだが今年は無い。
咲き始めのズダヤクシュを見ながら木道を行くと、
ヤマオダマキが点々と咲いている。

IMG_1256.JPG

ベニバナイチヤクソウはここでは初めて目にする

IMG_1257.JPG

大きなクルマバツクバネソウは群れて咲いている。

IMG_1259.JPG

草むらからショウキランが顔をみせている

IMG_1260.JPG

サイハイランは色合いが美しい

IMG_1261.JPG

誰にも逢う事もなく、奥社の杉並木を登山口へ向かう。

IMG_1262.JPG

参道沿いのラショウモンカズラが見当たらないが?
こんな時間に奥社から下って来られる方がかなりおられる
奥社の左手前から登山道に入って行く 06:50
いきなりの急登の連続で
でも、まだガスっているので吹く風が爽やかだ

IMG_1264.JPG

ささやきの小径に無かったササバギンランがこんな所に咲いている。

IMG_1265.JPGIMG_1266.JPG

今年は綺麗な花に逢えなかったので嬉しい

IMG_1267.JPG

急坂を登り切ると、ミヤマカラマツが見頃になっている。

IMG_1268.JPG

グンナイフウロは群れるように咲いている。

IMG_1269.JPG

やがて、平坦な道になると百閒長屋へやって来る 07:50

IMG_1270.JPG

崖にはウラベニダイモンジソウが沢山着いており、
ムシトリスミレが咲き始めている。

IMG_1272.JPG

さ~て、この先は鎖場が連続するので気が抜けない
垂直に近い鎖場に取り付くと、

IMG_1273.JPG

後方から賑やかな話し声がする。若者の男女に先を譲り待機。
軽々と登って行くのを見て、そろ~りと登って行く
登り切れば、ミネウスユキソウとヨツバシオガマが咲いている。

IMG_1274.JPGIMG_1275.JPG

胸突き岩を登り切ると、蟻の塔渡りへやって来る 08;30

IMG_1276.JPG

ここを初めて渡ったのは一昨年でもう二度と来る事はないと思ったが、
怖いもの見たさで、また来てしまった
でも、怖いのは山ちゃんだけじゃなくて、
先行者が途中で立ち往生し、続く登山者が進めなく渋滞中
やっと、最後の人が渡り切ったので
流石に、ラジオ片手で写真を撮りながらは恐ろしいので、
全てザックに仕舞いいざスタート
半分を渡った所で、下山者が通過を待っているのが見えるので、
離合出来る岩場で下山者を待って、やっと通過
20分以上待たされ何とか渡り終えると、ガスが上がって来た

IMG_1277.JPG

八方睨から見下ろすと、二度と渡りたくない岩場が見えている

IMG_1279.JPG

スリル満点で涼しくなったので、気を取り直して戸隠山へ向かう。
危ない岩場にタカネバラが咲き始めている

IMG_1281.JPG

ゴゼンタチバナは至る所に咲いている。

IMG_1282.JPG

ハクサンチドリは群れて咲いている

IMG_1283.JPGIMG_1284.JPG

緩やかに登り返せば戸隠山山頂 09:10

IMG_1285.JPG

ちょこっと山歩き・戸隠山から五地蔵山で花三昧!
『後編』へ 続く


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • おぎひま

    こんにちは。

    去年、カミさんが戸隠山と高妻山の計画をたてていたんです。
    その時は途中で話が流れたのですが、、、
    こりゃ相当にヤバそうな山ぢゃないですか。
    我が家は、高妻山単独が良さそうですね。。
    2020年07月04日 09:43
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    へ~えっ、戸隠と高妻の計画をされていましたか
    戸隠山は蟻の塔渡りが一番の難関ですが、トラバース道もあり通過は可能でしょう。でも、鎖場がかなり多いですから、雨上がりの後は厳しいでしょうね。
    高妻山も一不動コースは鎖場がありますが、石鎚山と似たところがありますから、登りに使われる方をお勧めします。
    弥勒尾根は危ない所は少ないですが、距離が長いのと六弥勒で主尾根に合流しますから、一から五までの地蔵めぐりがカットされてしまいます
    どちらにしても高妻山の山頂までは距離がありますから、夏場の日が長い頃がベストでしょうね。
    2020年07月04日 11:07
  • 山ちゃん

    夢楽さん、凡・ハヤトさん、AYさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今年も戸隠山から五地蔵山の花三昧を楽しんで来ましたが、もう二度と来ない筈だった蟻の塔渡りを渡ってしまいました
    お陰で、効率的に多くの花に逢う事が出来ました
    でも、シラネアオイが終わっていたのが残念です
    2020年07月04日 15:41
  • miyo

    こんばんは~
    えっ~!再度戸隠山チャレンジ行かれたのですね~!昨年の登山覚えてますよ~もう来ること無いだう。。と、言ってたような!
    最初はお花三昧でいいな~と思いきや、上級難度のナイフブリッジ見えてて、やはりあのコースだわ~!ヤッパ山ちゃん懲りて無かったんだね~と!
    見てるだけで怖そう~立ち往生者多い様ですね!
    和歌山の山にも似たような山有ったような。。
    下山コースは?楽しみで~す!


    2020年07月04日 21:14
  • 山ちゃん

    miyoさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、もう二度と来ないと思っていましたが、こんな恐ろしい所へまた来てしまいました
    人それぞれで、果敢にアタックしても途中でびびってしまい立ち往生する人がいます。
    でも、こんな過酷な所があるのも山歩きの楽しみかも知れません
    もう無理が利かなくなってきましたから、今回が正真正銘の最後です
    2020年07月04日 21:57
  • 山ちゃん

    かっちゃんさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今年も戸隠山から五地蔵山で花三昧を楽しんで来ました
    前半は二度と来ないと思っていた蟻の塔渡りへまたしても来てしまいました
    上手い具合に難所を渡り切ったらガスが上がって来て間一髪でした
    2020年07月06日 21:08
  • 山ちゃん

    poniesさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今年も戸隠山から五地蔵山で花三昧を楽しんで来ました
    でも、その前にもう二度と来ないと思っていた蟻の塔渡りへ、また来てしまいました
    お陰で、効率的に多くの花を見る事が出来ました
    2020年07月08日 22:01