ちょこっと山歩き・中央分水嶺 光砥山から天狗岳ピストン!

”20.05.28.(木)
今回は、中央分水嶺で光砥山から天狗岳(928m)をピストンして来ました

IMG_0944.JPG

天狗岳は京都北山の最深部にあり、
京都府内でも到達最難関と云われている山の一つです。
何故?難関かと云うと登山道がない、標識もない、携帯は圏外。
でも、中央分水嶺に乗ってしまえば、古道もあり何とかなるが、
それまでのアプローチが長いのが問題です。
以前、久多の滝谷から挑戦したが滝に阻まれて撤退

今回は、先日(26日)中央分水嶺の一部までクリアしているので、
その続きで挑戦して来ました

今回は、能見集落からコウンド東尾根を登り光砥山へ、
中央分水嶺のP927まではクリア分で、その後を、
古道を見ながら北上し、天狗岳をピストンして来ました。
今回の軌跡
登山口~P927
天狗1.jpg
光砥山~天狗岳
天狗2.jpg

能見集落のカワラ谷入口に停めて 08:05
こんな所からコウンド東尾根に取り付く。

IMG_0940.JPG

いきなりの急登の連続を登り切ると、P662で芦生杉がお出迎え。

IMG_0941.JPG

ここからは、僅かな踏み跡?獣道を登って行く

IMG_0970.JPG

ここで尾根が合流し、踏み跡も鮮明になって来る

IMG_0969.JPG

やがて、右下に深く掘れた古道が見えてくると、

IMG_0968.JPG

コウンド谷の最上部ではっきりと古道が残っている。

IMG_0967.JPG
この古道が中央分水嶺を北上し、これから向かう天狗岳へ続いている。

光砥山(コウンド山)に登り着き、少し下り中央分水嶺に合流する。
ここからは、先日歩いた中央分水嶺をP927まで北上し、
新たに初めて歩く長~い中央分水嶺歩きの始まり
木々に覆われて展望は殆どないが、僅かな隙間から比良山系が見える。

IMG_0953.JPG

新緑が気持いい鞍部で小休止

IMG_0951.JPG

ナナカマドやカマツカが白い花を咲かせている。

IMG_0952.JPG

アップダウンの少ない中央分水嶺をルンルン気分で

IMG_0950.JPG

所々に掘れた古道が残っている

IMG_0949.JPG

足下には早くもギンリョウソウが顔を見せている。

IMG_0948.JPG

やがて、倒木が通せんぼしている所を廻り込むと、
中央分水嶺と天狗岳への分岐へやって来る。

IMG_0947.JPG

踏み跡は天狗岳へ向かう方が鮮明で赤テープもある。
やはり、古道が通っていた証しなのだろう。
芦生杉の根元に数日前の献花が添えられている。

IMG_0946.JPG
昨年5月12日の遭難事故はここだったのか。合掌!

倒木を乗り越え、ひと登りで天狗岳へやって来る 11:40

IMG_0943.JPG
やっと、京都北山の最深部、天狗岳に登る事が出来た

山頂は木々に囲まれて展望がないので、即、下山開始
遭難事故があった付近から長~い中央分水嶺尾根が見えている

IMG_0945.JPG

中央分水嶺に戻り、やって来た道を戻って行く
途中、古道が見られる木陰で大休止
休憩後は、ルンルン気分で中央分水嶺を戻り
光砥山からコウンド東尾根を下って行く
どこで間違ったか?尾根から外れコウンド谷へ下り切り、
林道歩きで府道に出て、カワラ谷入口へ戻る 15:40

中央分水嶺で念願だった北山最深部の天狗岳に登れた

総距離:11.9km
19,753歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • おぎひま

    こんにちは。

    コウンド、、、
    悪役タッグチームコウンド・フカンドのリーダーのほうですね。
    そのバックに、ラスボスの天狗岳がいましたか。
    なるほど、あの由良川の源流域なのですか。
    その奥深さにはオドロきます。
    2020年06月12日 09:32
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、コウンドの奥に登山者を寄せ付けない天狗がいるんですよ
    標高も府内で9番目で、正しく天狗が住むに相応しい不便な山でしたが、成敗して来ました
    由良川の源流域でも一番険しい所の一つです。
    2020年06月12日 14:34
  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、夢楽さん、totoさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、北山最難関の天狗岳へ行って来ました。本来であれば、もっと近くから登れるのですが、登山道が有りませんから大きく迂回をして、やっと登る事が出来ました
    おまけに、京都の中央分水嶺も半分ほど歩く事が出来ました
    2020年06月12日 14:54
  • miyo

    こんばんは~
    昔小野村割岳行った時、テント張った人いて、天狗岳へ行くと言ってたの思い出しました。
    三国岳行った時も地図見ても遠いね!行けないね~と諦めてました。
    フカンド谷から行けたのですね!
    山ちゃんよくルートご存知ですね!
    昔miyo達もよくルート調べても迷うことありました。
    昨年の遭難事故あったのですね、芦生の山は一人は危険が多いですね!
    山ちゃんもどうぞお気を付けくださいませ!
    2020年06月12日 23:06
  • 山ちゃん

    miyoさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、天狗岳はアプローチが長いので日帰りは難しく、久多川の上流から道なき道であれば日帰りは出来るのですが、以前、滝に阻まれて撤退しています
    コウンド谷から古道が天狗岳を越えて若狭まで存在していたそうなので、検証の意味も含めて挑戦してみました
    中央分水嶺はまだ踏み跡がある方ですが、若丹国境の分水嶺はユズリハが異常発生しているので迷いやすいですよ。
    昨年の遭難事故は天狗岳山頂の手前、中央分水嶺が見える付近だそうで、カツラ谷へ滑落されたそうです。
    2020年06月13日 09:33
  • 山ちゃん

    MORINOBUNAさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、念願だった北山・最難関の天狗岳へ行って来ました
    やはり、下見で途中までクリアしていましたから問題なく登れましたが、下りの最後の最後で道を間違ってしまいました
    2020年06月13日 10:01
  • 山ちゃん

    poniesさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、かねてから念願だった北山の天狗岳へ行って来ました
    以前は途中で撤退していますが、今回は途中まで下見をしておきましたから、満を持して行って来ました
    やはり、中央分水嶺に乗れば問題なく行けて、古の古道歩きも楽しんで来ました
    2020年06月14日 10:21