ちょこっと山歩き・丹波の珍名山『登尾』と登尾隧道!

”20.03.19.(木)
今回の珍名山は、丹波の登尾(633.2m)で、
旧国道の登尾隧道も訪ねて来ました

IMG_9652.JPG
(写真は、麓の上佐々木の国道と旧国道分岐から見る登尾)

丹波の登尾、どこにあるかって・・・
京都府福知山市と兵庫県豊岡市に跨る山でNTTの電波塔が建っており、
近くには国道426号の登尾トンネルと旧国道の登尾隧道があります。

今回は、福知山市側の登尾トンネル入口と旧国道の分岐から、
旧国道歩きで登尾隧道、登尾峠に、NTTの管理道路で登尾山頂へ、
下山は、バリルートで南東尾根を下り林道歩きで戻る周回です。
今回の軌跡

登尾.jpg

丹波の龍ケ城を珍名山に登録してからやって来ました
登尾トンネル手前の旧国道との分岐からスタート 12:10

IMG_9634.JPG

しょぼい車止めチェーンを跨いで急国道を登って行く
数分も歩くと、左下にトンネルの入口が見えているが、
側道の細い道が旧国道と繋がっているではないか
これなら、小さな車は進入出来そうだ
旧国道が大きく曲った所には廃屋と廃車が残っており、
賑やかだった旧国道の面影が残り、頑丈な扉で通行止めになっている。

IMG_9635.JPG

扉の左手から谷を登れそうだが、登尾隧道と登尾峠を訪ねてみたい
頑丈な扉を右斜面から越えて、車道歩きで登って行く
旧国道がうねるようにカーブした先に登尾隧道が見えてくる

IMG_9636.JPG

愛想なくシャッターで塞がれてトンネル内が見えない
でも、登尾隧道の文字が読み取れる

IMG_9637.JPG

さ~て次は、登尾隧道が開通する以前の旧道の峠へ行ってみよう。
塞がれたトンネルの左手前からNTTの管理道路を少し登り、
適当に斜面を登り、府県境尾根を東へ進んで行くと・・・
尾根が切り取られた眼下に、古い石垣斜面の旧道が延びている。

IMG_9638.JPG

丁度、登尾隧道の上になるので、何の表示も見当たらないが、
あれが旧道と云う事は、今いる所が登尾峠になるのだろう。

IMG_9639.JPG

旧道と峠が確認できたので、府県境尾根を西進して行く
左下にNTTの管理道路が近くなった所で、尾根を下り管理道路へ。
後は、長~い車道歩きで登尾山頂を目指す
丁度、道路が大きく南へカーブする所から大江山連峰が見えている。

IMG_9640.JPG

やがて、前方に電波塔が見えて来ると登尾は近い

IMG_9641.JPG

電波塔の北側からガレた斜面をひと登りで、
フェンス傍の三角点がある登尾山頂 13:30

IMG_9642.JPG

二等三角点 点名:登尾峠(633.22m)にタッチ

IMG_9643.JPG
隧道や山名は「のぼりお」と読むが、点名は「とびとうげ」のようだ。

風除けの出来る陽だまりで遅い大休止
休憩後は、南東に派生する尾根をバリエーションで下る

IMG_9644.JPG

木々の間から三岳山の大きな山容が見えている

IMG_9645.JPG

五月蠅いアセビの藪を抜け、気持ちのいい尾根を下り

IMG_9646.JPG

小さな滝の傍へ降りて来る 14:50

IMG_9648.JPG

水辺には、イワネコノメにそっくりなチシマネコノメが咲いている。

IMG_9649.JPG
*京都府カテゴリー・準絶滅危惧種に指定されている。

ここからは林道長谷線で下って行く
水が滴る崖にはコチャルメルが群生している

IMG_9650.JPG

国道沿い斜面のアカフタチツボスミレを見ながら、

IMG_9653.JPG

駐車地点へ戻って来る 15:20

旧国道を歩き、登尾隧道と旧道の登尾峠に登り、
山名とは思えない『登尾』を珍名山に登録した

総距離:6.5km
10,850歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、MORINOBUNAさん、夢楽さん、
    poniesさん、小天狗さん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、山名とは思えない登尾なる山を珍名山に登録して来ました
    それもその筈、登尾は隧道と峠の呼び名で、三角点の点名も登尾峠でした
    おまけに、珍しいチシマネコノメまで見つけました
    2020年04月01日 10:30
  • miyo

    こんにちは~
    再び登尾峠トライですね!
    山ちゃんの目線には叶わないわ~!
    珍しいチシマネコノメ見つけるなんて!大収穫ですね~!
    チャンスあったら見つけに行こうかな~
    2020年04月01日 11:41
  • ひろぴぃ

    山ちゃん こんにちは
    実家が豊岡なもんでいつも福知山から抜けて帰ります。昔はぐねぐねとした峠道で県境には暗いトンネルがあってちょっぴり怖かったです。登尾なる三角点があることも全く知りませんでしたが帰省の際に行けたら良いなと思います。
    2020年04月01日 12:13
  • おぎひま

    こんにちは。

    新トンネル、旧トンネル、峠越え、、
    3つの時代を巡る旅ですね。
    かつては「とび」と読んだのでしょうか。
    なんだか、そっちのほうがカッコイイですね。
    伊豆の天城峠の南側にも「登尾」という山がありますが、
    読みは「のぼりお」です。
    2020年04月01日 20:17
  • 山ちゃん

    miyoさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、古道歩きも山歩きの楽しさですので、旧道や峠は訪ねたい所でもあります。
    ネコノメソウの仲間も面白いのがありますから、どこへ行っても探すようにしています
    愛知県や静岡県でイワネコノメを見ていますが、日本海側のはチシマネコノメのようで、京都府では希少な部類のようです。
    2020年04月02日 00:21
  • 山ちゃん

    ひろぴぃさん、今晩は
    いつもコメントを有難うございます

    へ~えっ、実家が豊岡ですか
    それじゃ、いつも通られる道ですよね。以前の旧道はくねくねとしていますね。今は頑丈な扉で通行止めになっていますから、歩いてトンネルまで行って来ましたが、愛想ないシャッターで中が見えませんでした
    登尾は地形図には山名が載っていませんから、知る人ぞ知るで、山好きや旧道マニアしか行かないでしょう
    2020年04月02日 00:33
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、トンネルを隧道と呼んでいた頃と、トンネルが出来る前の峠を訪ねて来ました
    三角点の点名が「とびとうげ」ですから、昔は「とび」と呼んでいたのじゃないでしょうか?
    今では「のぼりお」と読むのが万人受けでしょうね。
    2020年04月02日 00:47
  • 山ちゃん

    ”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は山名とは思えない「登尾」なる山を珍名山に登録して来ました
    おまけに、旧道の隧道と峠も訪ねて来ました。
    更なるおまけに、チシマネコノメまで見つけて来ました
    2020年04月02日 00:53
  • 山ちゃん

    アルクノさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は登尾なる山を珍名山に登録して来ました
    地理院の地形図には山名が載っていない山で、本来は峠やトンネルを差していたようです。
    昔の峠道を歩くのも楽しいもので、新たなチシマネコノメまで見つけました
    2020年04月02日 22:46