ちょこっと山歩き・鈴鹿の珍名山『雲母峰』!

”20.02.08.(土)時々
今回の珍名山は、鈴鹿の雲母峰(888.1m)です

IMG_9081.JPG
(写真は、麓の水沢本町から見る雲母Ⅱ峰)

雲母峰(きららみね)、難読山のランキングに入るほどなので、
珍名山に登録すべくやって来ました
どこにあるかって・・・
三重県四日市市と菰野町に跨る山で、鈴鹿山脈の主稜線上にある鎌ヶ岳から東に延びる長い尾根の末端にあります。

今回は、山麓の四日市市側・宮妻町の雲母橋からのピストンです。
今回の軌跡

雲母峰.jpg

ピリッと冷えた朝、宮妻町の東海自然歩道にある雲母橋へやって来る。
既に、地元ナンバーの車が一台停まっている。
一般車両通行止めのチェーンの横から林道へ入って行く 09:00

IMG_9082.JPG

舗装道路が終わる所が登山口で 09:10

IMG_9083.JPG

植林帯をジグザグに登って行く
尾根に乗ると落葉樹林の気持いい尾根歩きで登って行く

IMG_9084.JPG

やがて、アセビが多くなってくると花も咲き始めている

IMG_9086.JPG

P735で直角に方向を変え開けた尾根を登って行く 09:55

IMG_9087.JPG

ヤセ尾根もあり、ちょこっとスリリングで楽しい

IMG_9088.JPG

木々の間から正面に、雲母峰Ⅱ峰が顔を見せている。

IMG_9089.JPG

やがて、アセビのトンネルへ突入し、

IMG_9090.JPG

狭い尾根を東側からトラバース気味に登り切ると、
プラ板で囲まれた休憩所がある雲母峰Ⅱ峰へやって来る 10:30

IMG_9092.JPG

流石にハングライダーの滑走場だけあって、
伐り拓かれた南東斜面から眼下が一望できるようだ。

IMG_9093.JPG

前方には雲母本峰が手招きしている

IMG_9101.JPG

一旦鞍部へ下り、右に岳不動への道を分け、急斜面を登って行く
登り切ると三角点のあるピークへ飛び出す。

IMG_9094.JPG

雲母峰山頂 10:40

IMG_9096.JPG

三等三角点 点名:吉良々山(888.13m)にタッチ

IMG_9095.JPG
山頂は木々に囲まれて展望はなく、強風で寒くて堪らない

即、雲母峰Ⅱ峰へ来た道を引き返して行くと
急斜面の木々の間から昨年開通した新名神が見えている。

IMG_9097.JPG

更に、右斜めには入道ケ岳がどっしりと見えている。

IMG_9098.JPG

雲母峰Ⅱ峰へ登り返すと、雲も晴れて鎌ケ岳が顔を見せている

IMG_9100.JPG

プラ板で囲まれた休憩所で大休止
休憩中に単独男性がやって来られて暫し雑談
休憩後は、来た道を下って行く
途中、二組五人の登山者とすれ違い、手軽に登れる山を実感し、
雲母橋の駐車地点へ戻って来る 12:30

雲母峰、黒雲母を産出した事によるそうだが、そんな面影は一切なかったが、キララの響きが何ともいいので珍名山に登録しました

総距離:5.9km
9,780歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • おぎひま

    こんにちは。

    なるほど、三角点名も、字が違う「きらら」なのですか。
    「Ⅱ峰」というネーミングも、ヒマラヤやアルプスの高峰みたいでカッコイイです。
    2020年02月22日 07:09
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、三角点の点名:吉良々山も珍名山になりそうでしょう
    Ⅱ峰なんてのはアルプスの岩山で聞く名前ですが、こんな低い山にもありました。何だか高い山を想像してしまいますね
    2020年02月22日 16:43
  • 山ちゃん

    小天狗さん、凡・ハヤトさん、夢楽さん、poniesさん、MORINOBUNAさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は鈴鹿の雲母峰を珍名山に登録して来ました。
    この山に登るのは初めてですが、鎌ケ岳へ来る度に見ている山で、やっと登る事が出来ました
    でも、山頂からの展望がないのが残念でした。
    2020年02月22日 16:58
  • 山ちゃん

    ”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回の珍名山は、毎年眺めるだけだった雲母峰です。
    何とも「きらら」と云う山名の響きがいいです
    おまけに、アルプスっぽい雲母Ⅱ峰なんてのもありました。
    2020年02月22日 22:52
  • miyo

    こんばんは~
    雲母峰でど~しても「きららみね」とは読めませんね~
    でも「きららみね」と打つと「雲母峰」と変換すぐ出ますね。
    やはりそう読むのですね~難しい~!
    2020年02月23日 20:50
  • 山ちゃん

    miyoさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、雲母は「きらら」とも読むんですよ
    光沢が強いからキララと呼ばれ、墓石に使われる花崗岩の中の黒いのが黒雲母です。
    昔は黒雲母が採れたそうですから、雲母峰の名前になったらしいです。
    2020年02月23日 22:26