ちょこっと山歩き・裏六甲/丹生山系の珍名山『キスラシ山』!

”19.12.06.(金)
今回の珍名山は、
裏六甲は丹生山系のキスラシ山(443m)です

IMG_8555.JPG
(写真は、麓の桜池から見る中央にキスラシ山)

キスラシ山、どこにあるかって・・・
神戸市北区有野町にある独標で、
以前(10月22日)登った有馬の鬼ヶ島から見えていた山で、
北側は大規模採石場で数年後には消滅するかも知れない山です。
モチのロン!地理院の地形図にも載っています。

img20191207101536909.png

今回は、砕石を運搬するダンプが行き交う麓の桜池からピストンです。
今回の軌跡

キスラシ山.jpg

キスラシ山の周辺は大規模採石場が二ケ所もあるようで、行き交うダンプの数が半端じゃないが、桜池の回りの広いスペースに停めてスタート 10:50
まだ桜池の周囲は黄葉が残っており、

IMG_8554.JPG

対岸の山の奥にキスラシ山が見えている(冒頭の写真)。
桜池の堤防を廻り込んで、こんな斜面から登って行く

IMG_8543.JPG

まさか登山道など無いと思っていましたが・・・

IMG_8544.JPG
落ち葉に踏まれた跡が僅かに見られる

五月蠅い小枝を払いのけながら登って行くと尾根の分岐で、

IMG_8548.JPG

黄色に黒のテープにキスラシ山の文字が見える。

IMG_8549.JPG

ここから北に、アップダウンを繰り返しながら登って行くと、
雑木林の中の小広いピークへやって来る。

IMG_8547.JPG

小さな山名板のあるキスラシ山山頂 11:30

IMG_8546.JPG

展望を望むほどの山じゃないが、その通り全く展望はない
即、来た道を戻り、唯一展望のある岩場へ戻って来る 11:40

IMG_8550.JPG

目の前に削り取られて消滅寸前の山が見えている

IMG_8551.JPG

北方向が開けているので三田方面が見渡せる

IMG_8552.JPG

展望岩を後に、来た道を下って行くと、バリエーションで登った傍に、
黄色に黒のテープのある登山口があるではないか

IMG_8553.JPG

桜池の堤防を廻り込んで駐車地点へ戻って来る 11:55

恐らく数年後には消滅してしまいそうな、
裏六甲の丹生山系にあるキスラシ山を珍名山に登録した!


総距離:1.5km
2,528歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 凡・ハヤト

    おはようございます。
    落ち葉の登山道、歩くと気持ちが良さそうですね。^^
    2019年12月12日 04:49
  • おぎひま

    こんにちは。

    このキスラシ山は、かつて登場したシビレ山の尾根続きでしょうかね。
    消えゆく山、、、、
    関東では、武甲山が、その運命みたいです。
    2019年12月12日 07:20
  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、サクッサクッと音のする気持のいい道ですが、落ち葉が多過ぎて滑りそうでした
    2019年12月12日 14:52
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、以前のシビレ山を覚えて頂いてましたか
    仰る通り、西端にシビレ山で東端にあるのがキスラシ山になります。おまけに、シビレ山の南にはシブレ山でしたね
    恐らく数年後には消滅してしまうと思います。何とか行政がストップをかけて欲しいのですが

    関東でも武甲山がその運命ですか
    伊吹山も西側斜面がどんどん削られていますし、鈴鹿の藤原岳も南東斜面がどこまで無くなるのか?
    2019年12月12日 15:06
  • 山ちゃん

    夢楽さん、poniesさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は裏六甲丹生山系の東端にあるキスラシ山を珍名山に登録してきました。でも、周囲で大規模採石が行われているので、数年後には消滅してしまいそうです
    2019年12月12日 15:13
  • かっちゃん

    キスラシ山、数年後には消滅してしまいそう・・・悲しいですね。
    千葉県の鬼泪山(きなだやま)も山砂採取で同じような目に遭っています。反対運動があり今はストップしていますが、いつか蒸し返すかもしれません。
    あ、鬼泪山(きなだやま)って珍名山になれるかな?
    秩父の武甲山は削られて頂上が低くなってしまいました。削られた山肌は痛々しいです。
    ブログのことでちょっとお尋ねいたします。
    記事を公開すると「Twitterで共有する」と出てくるのですがどうされていますか?
    2019年12月12日 22:17
  • MORINOBUNA

    こんにちは。
    「キスラシ山」、確かに珍名山ですね~!。
    六甲と言えば登山家「加藤文太郎」を思い出します。
    かって、六甲の山波を鉄の下駄/樫の木の下駄がどちらか忘れましたが、これで駆け巡り鍛えたとか。
    山ちゃんさんの馬力は、人知れず比叡山を鉄下駄で駆け巡っているのではと、想像してしまいます。
    2019年12月13日 10:14
  • 山ちゃん

    かっちゃんさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、全国各地で同じしょうな憂き目に遭っている山があるようですが、もう、いい加減で自然破壊を規制するようにして欲しいです

    鬼泪山!珍名山に登録したいですね

    記事の公開に出てくる文言は気に留めていないので判りませんから、問い合わせをされては如何でしょうか?
    2019年12月13日 22:32
  • 山ちゃん

    MORINOBUNAさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、変わった山名ですから珍名山に登録しましたが、もう数年後には消滅する山のようですから珍名山かも知れませんね
    いや~あっ、山ちゃんは鉄人じゃないですから、低山を駆け巡る程度ですよ^^
    2019年12月13日 22:38
  • 山ちゃん

    ”PeRo”さん、小天狗さん、totoさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、裏六甲丹生山系のキスラシ山を珍名山に登録する為にやって来ました。恐らく数年後には消滅するかも知れませんから、正しく珍名山かも知れません
    2019年12月13日 22:46