ちょこっと山歩き・大和の人名山『三郎岳』!

”19.12.20.(金)
今回の人名山は、大和の三郎岳(879m)です

IMG_8709.JPG

大和の三郎岳、どこにあるかって・・・
奈良県宇陀市榛原諸木野にある山で、
山頂の南東下の岩壁には石仏群があり、
尾根を下った所は石割峠で、伊勢本街道が東西に通っています。

今回は南東の麓・石割集落から石仏群を見て山頂へ、
下山は、南の尾根を石割峠へ下り、伊勢本街道で戻って来ました。
今回の軌跡

三郎岳.jpg

室生トンネルを抜け、ふるさと元気村の先から山中の山道へ
小さな峠を越えた石割集落の防火水槽の傍からスタート 11:25
道路脇には三郎岳の詳細が記された看板が立っている。

IMG_8695.JPG

かなり以前から登られていたようで、道標も年季がはいっている。

IMG_8696.JPG

道標に沿って林道を登って行くと、足下にはフユイチゴが実っている。

IMG_8697.JPG
ちょこっと頂きましたが、甘くて美味しかったです

道なりに林道を登って行くと、山のトイレなる新しい建物があり、
登山道との分岐になっている 11:35

IMG_8698.JPG

どうも最近に整備されたようで、道標も新旧の物が見られる。
登山道と云うよりも古い林道のような道を登り詰めると、
廃屋のような宿坊跡が建つ峠?にやって来る 11:50

IMG_8699.JPG

日蓮宗石割山明開寺は石割集落が拓かれた明治に出来たらしく、
この峠の少し先に明開寺奥の院が建っている。

中途半端な十字路で、高い方へ登る道を登って行くと、
石仏の矢印があるので入ってみると
切り立った断崖に磨崖石仏が刻まれているのが見える

IMG_8700.JPG

一番奥の壁面には舟形光背の中、等身大程の十一面観音菩薩立像。

IMG_8701.JPG
どことなく現代顔で明治の中頃の造立?紛れもない近世石仏かな?

その手前には地蔵磨崖仏。

IMG_8702.JPG
右手には真新しい鉄製錫杖を握っています。

こちらは俗名「石割石松」と刻まれた石像。

IMG_8703.JPG

入口の頭上の岩には宗祖「日蓮」?深い龕の中に座って居ます。

IMG_8704.JPG

石仏群を後に、急斜面を鎖とロープで一気に登って行く

IMG_8705.JPG

登り切れば、開けた山頂広場にやって来る。

IMG_8706.JPG

三郎岳山頂 12:05

IMG_8707.JPG

二等三角点 点名:三郎岳(878.77m)にタッチ

IMG_8708.JPG

展望はまずまずで、南東方向が一望出来る

IMG_8710.JPG

東方向には室生火山群の最高峰・倶留尊山が見えている。

IMG_8711.JPG

西方向は和泉山系まで見えそうだ。

IMG_8712.JPG

展望も楽しんだので、来た道を峠まで激下り、
明開寺奥の院の石段で大休止
休憩後は石割峠へ下って行く 12:50

IMG_8713.JPG

山林の伐採作業が行われた後で、歩き難いが尾根を外れず下り、
石割峠(695m)へ降りて来る 13:05

IMG_8714.JPG

ここからは、伊勢本街道を下って行く

IMG_8715.JPG
伊勢に至る道は複数ありますが、最短コースが「伊勢本街道」と呼ばれ、文化庁選定「歴史の道百選」に選ばれるなど、文化的・観光的価値は高く、街道が通る地元の活性化には必要不可欠な歴史的文化遺産になっているようです。

石割集落の手前には当時の道標石碑が建っている。

IMG_8716.JPG

傍には、現在の道標も立っている。

IMG_8717.JPG

右:いせ を分けて、左:原山に入り石割集落へ下り、
駐車地点へ戻って来る 13:15

三郎が付く山には、丹波の三郎ケ岳に昨年登りましたが、
大和にも三郎岳があり、磨崖仏や伊勢本街道と歴史散策を楽しんだ。

総距離:2.5km
4,176歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • おぎひま

    こんにちは。

    歴史を感じる道ですね。
    大勢の仏さん、、、、
    旅人を見守ってくれているのでしょうけれど、
    夕暮れに一人で通るのは、なんだか怖そうですよ。。
    2019年12月25日 18:03
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、歴史好きの人には楽しい山のようです。
    でも、磨崖仏は明治の頃のようで顔の表情が柔らかいように見えました。伊勢本街道は何か出て来そうで怖い雰囲気がありますね
    出来る事なら伊勢本街道を歩き通してみたいものです。
    2019年12月26日 00:30
  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、夢楽さん、MORINOBUNAさん、poniesさん、”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回の人名山は、丹波の三郎ケ岳と同じ山名ですが、歴史の重みが違う山でした。
    伊勢本街道は以前に少しだけ通った事がありますが、改めて長い距離を歩いてみたくなりました。
    2019年12月26日 00:39
  • 山ちゃん

    小天狗さん、アルクノさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、大和の三郎岳へ8座目になる人名山を登録しに行って来ました。
    どうも、明治の頃に掘られたであろう石仏群があり、展望も良くて、麓には伊勢本街道が走っているなど歴史散策には楽しい山でした
    2019年12月26日 14:58
  • 山ちゃん

    miyoさん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    三郎岳が大和にもありました。亀岡にあるのは三郎ケ岳ですが、こちらの方が歴史があるようで、楽しいです。いつかは伊勢本街道を長い距離歩いてみたいです
    2019年12月30日 11:01