ちょこっと山歩き・二つの顔を持つ青葉山!

”19.11.09.(土)
今回の山は、二つの顔を持つ青葉山(693m)です

IMG_8185.JPG
(写真は、福井県高浜町の海岸から見る若狭富士の青葉山)

青葉山は、京都府舞鶴市と福井県高浜町に跨る山で、
別名を若狭富士とも呼ばれ秀麗な山容で有名ですが、
京都府側から見ると、秀麗どころか双耳峰の山で見えています。

IMG_8183.JPG
(写真は、舞鶴市の五老ケ岳から見る雲海に浮かぶ双耳峰の青葉山)

地理院の地形図では692と693のピークが載っており、
693の方を青葉山と表示しています。

img20191111092805128.png

福井県側からはP693しか見えないので一つの山ですが、
実際は、P693を東峰、P692を西峰と呼ばれています。

今回は、先に舞鶴市の五老ケ岳へ双耳峰を確認に行くと、
丁度、雲海に浮かぶように双耳峰が見えていました(二番目の写真)
西方向には丹後富士の二山、建部山と、

IMG_8181.JPG
由良ケ岳も見えていました
IMG_8182.JPG

青葉山は早春のミスミソウに始まり、
国内ではここでしか見る事の出来ないオオキンレイカまで花も多く、
吊り尾根にはスリリングな岩場もあり、秋の黄・紅葉まで楽しめます。

今回は、西峰へ最短ルートの今寺林道登山口からのピストンで、
西峰~吊り尾根~東峰を歩いて来ました

今寺林道登山口 09:15

IMG_8186.JPG
登山口には10台は停められる駐車スペースがあり、
松尾寺からの登山道に約45分で合流します。
ここ数年はこのルートでしか登りません

もう見られる花はありませんが、ミカエリソウの花後が多く、
来年の準備をする葉っぱが生き生きとしています

IMG_8187.JPG
IMG_8188.JPG

西峰に近付くと黄葉する木々が見られる

IMG_8189.JPG
IMG_8190.JPG

松尾寺からの登山道に合流すると、
ブナの大木が多くいい感じに色付いている

IMG_8192.JPG

合流点からひと登りで西峰へやって来る 10:20

IMG_8195.JPG
山頂は大岩の上で、太いロープを頼りに登る事が出来る。

展望は抜群で南方向には若丹国境、遥か彼方に北山まで見渡せる

IMG_8194.JPG

だが、眼下の高浜原発が不気味だ

IMG_8193.JPG

西峰を後に吊り尾根に向かい急坂を下り、大師洞を抜けて、
垂直に近い鉄梯子を登り、

IMG_8196.JPG

振り返ると、西峰が見事に全山黄葉している

IMG_8198.JPG

足元の岩場にはまだリュウノウギクが咲いている。

IMG_8199.JPG

小さな馬の背を越えて、

IMG_8207.JPG

切り立った断崖をトラバースし、

IMG_8206.JPG

東峰の直下までやって来ると、
リンドウは蕾だが、オヤマボクチが沢山咲いている。

IMG_8205.JPG
IMG_8200.JPG

急斜面をひと登りで、青葉神社のある東峰へやって来る 11:20

IMG_8201.JPG

こちらが青葉山の山頂になっているが、展望はイマイチで、
東端の岩場から、若狭湾と嶺南の山並しか見えない

IMG_8202.JPG

山頂の青葉神社から石段を下った広場で大休止
山頂には地元の小学生が育てたオオキンレイカが植えられている。

IMG_8203.JPG
IMG_8204.JPG
東峰の方が根付いているようだ。

休憩後は、西峰へ吊り尾根を戻って行く
オオキンレイカが自生している岩場を確認し、

IMG_8208.JPG

ミスミソウの葉っぱの様子も見ながら

IMG_8210.JPG
斑入りの葉っぱに花芽が付いている。

これは、デカイ葉っぱなのでオオミスミソウかな?

IMG_8211.JPG

西峰へ戻って来ると、貴重品袋が無い事に気付いて
即、兎走りで東峰へとんぼ返り
幸いにも、休憩したベンチ傍の草むらの中に落ちていた
再び、西峰へ象歩きで戻り、ブナの黄葉を見ながら

IMG_8213.JPG

今寺林道登山口へ戻って来る 14:25

今回は、若狭富士と双耳峰の二つの顔を持つ青葉山で、
黄・紅葉を楽しんで、来春の期待を膨らませた

総距離:4.6km
7,747歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • おぎひま

    こんにちは。

    これはカッコいい山ですね。
    海側からも、山側からの双耳峰も絵になりますよ。
    雲海に浮かぶ姿が、ベストショットでしょうか。
    ウサギになったりゾウになったり、お疲れ様でした。
    2019年11月16日 08:09
  • ponies

    こんにちは
    楽しい山登りのままで良かったですね
    五老ケ岳は駐車場も完備で眺めが良かった思い出があります、雲海が見事ですね。
    貴重品にはロープを付けましょう、私は毎日登山で
    補聴器を落としました、反省はロープを付けることでした。
    2019年11月16日 12:04
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、地元富士で秀麗な山容でも、見方が変わるとまさかの山容になってしまいます。こんなのは全国で幾つもあるでしょうが、近くにあったので拘ってみました
    この日は雲海が出ていましたから、急いでやって来て正解でした
    最近は忘れ物が多くて困っていましたが、こんな山中でやらかすとは
    2019年11月16日 22:24
  • 山ちゃん

    poniesさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、五老ケ岳は駐車場も広くて展望は抜群です。
    この日は丹波周辺が凄い霧でしたから、上手い具合に雲海が出ていました

    今回はとんでもない失敗をやらかしてしまいました
    見つからなければ大変な事になるところでした
    ロープを付けるのもいいですが、これからはザックから出さないようにしたいです。
    2019年11月16日 22:44
  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、小天狗さん、夢楽さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は青葉山の山容に拘ってみました
    秀麗な若狭富士に対抗するには、雲海に浮かぶ双耳峰でしょう
    紅葉も楽しんで下山寸前に貴重品がない事に気付くとは情けないやら、悔しいやら
    でも、何とか見つかってハラハラものでした
    2019年11月16日 22:56
  • miyo

    こんばんは~
    青葉山、お寺から登って変化にとんだ山だったな~と思い出しました!
    今の時期雲海がすごくきれいですね!
    オオキンレイカ山頂に小学生が植えて守ってるとはすばらしいですね~!
    是非見に行かなくては。。
    落とし物、早く気付いて見つかってよかったですね!
    下山してからでは足跡見つけ大変ですよね!
    二人兼ねて何度か落とし物登山したことあります!
    帽子などは諦めました。💦

    2019年11月17日 00:23
  • 山ちゃん

    miyoさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、普通は松尾寺から登りますよね。でも、今回のように林道の終点から登るのが最短ルートになります
    雲海が出てる時はちょこっと寄り道をするのも一興ですね。
    オオキンレイカはもう盗掘される事はないと思いますから、少しづつ増えていくと思いますよ。

    落し物、忘れ物、歳と共に増えるばかりで情けない限りです
    2019年11月17日 20:34
  • 山ちゃん

    MORINOBUNAさん、かっちゃんさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は何度も登っている青葉山の山容に拘ってみました
    ご当地富士の若狭富士と呼ばれていますが、見る方向が違うと「富士山」じゃなくて双耳峰の山で見えています。
    2019年11月19日 00:45
  • 山ちゃん

    ”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は青葉山の山容に拘ってみました。
    福井県側は若狭富士で、京都府側では双耳峰の山になっています。こんな見方は全国で多々あるでしょうが、身近な山ですから拘ってみました
    2019年11月21日 00:51