ちょこっと山歩き・若丹国境の頭巾山!

”19.11.24.(日)
今回の山は、若丹国境の頭巾山(871m)です

IMG_8452.JPG
(写真は、P783から見る頭巾山)

頭巾山、どこにあるかって・・・
京都府綾部市と京都府南丹市、
及び福井県大飯郡おおい町の境にある丹波高地の山です。
因みに、呼び名は「ときんざん」で、
遠くから見ると山容が修験者の頭巾に似ているからだそうです。

今回は、南丹市の山森福居から横尾峠登山口から横尾峠へ、
若丹国境尾根を西進し、頭巾山山頂へ、
下山は、廃道のような道で上谷に下る周回で行って来ました。
今回の軌跡

頭巾山.jpg

福居の集落にかなり古い頭巾山登山道の案内図が立っている。

IMG_8470.JPG

案内図の通り登山口の近くに停めてスタート 10:15
上谷林道を少し行くと、横尾峠へ2.1kmの標識があり、

IMG_8430.JPG

石に刻まれた難読の石柱が建っている

IMG_8431.JPG

小さな谷を詰めて、不明瞭な枝尾根に取り付き、
黄葉がピークな落ち葉の道を踏みしめて登って行く

IMG_8432.JPG

次第に斜面が広くなり、自然林の黄葉が素晴らしい

IMG_8436.JPG
IMG_8437.JPG

やがて、枝尾根に乗ると気持のいい尾根登り

IMG_8439.JPG

まさに今が黄葉の見頃で、どこを見ても黄葉のオンパレード

IMG_8440.JPG
IMG_8441.JPG

この尾根もミズナラが主役のようでルンルン気分で登れる

IMG_8442.JPG

やがて、木々の間から若丹国境尾根と堀越峠が見えてくる

IMG_8443.JPG

ふと足下に目をやると、恐らく食べられるキノコが生えている。

IMG_8445.JPG
自信がないので撮るだけにしておきました

暫くすると、左に林道からの道を合わせて 11:15

IMG_8447.JPG

ふかふかの落ち葉を踏みしめて登り切ると、

IMG_8448.JPG

若丹国境尾根の横尾峠へやって来る 11:25

IMG_8450.JPG

ここから左に、若丹国境尾根を西進して行くが、
もうブナの黄葉も終り、枯れ木のようになっている

IMG_8451.JPG

アップダウンを繰り返し、広い尾根を西進して行くと、
P783から頭巾山が見えてくる(冒頭の写真)。
一旦鞍部に下り、急坂を頑張りの登りで登り切ると、
水の守り神の祠がある頭巾山山頂 12:20

IMG_8454.JPG

展望は抜群で、双耳峰の青葉山が目の前に見えている。

IMG_8455.JPG

西には弥仙山の周辺に雲海が残っている。

IMG_8456.JPG

東の眼下には若狭湾と山肌の黄葉が綺麗に見えている。

IMG_8457.JPG

更に、東の若丹国境尾根の先に八ケ峰が見えている

IMG_8458.JPG

遥か遠方には冠雪の白山も見えている

IMG_8459.JPG

少し右に目をやると、武奈ケ岳と比良山系の山並も見られる。

IMG_8460.JPG

手前の眼下には、高圧線と登って来た尾根の紅葉が綺麗だ。

IMG_8461.JPG

南方向には、地蔵山や北山の山並も見えている。

IMG_8462.JPG

展望を楽しんだら大休止
休憩後は、来た道を戻り山頂直下の鞍部から、こんな斜面を下る

IMG_8463.JPG

以前は登山道があった筈だが、僅かな踏み跡があるだけ

IMG_8464.JPG

所々にピンクのテープが残っているが、当てには出来ないので、
兎に角、谷底の沢まで下りて来る 13:40

IMG_8465.JPG

水量が少ないがドボンに気を付けて下るが、滝が行く手を阻んでいる。
滑りそうな岩場を高巻きし、再び沢に復帰するが、歩き難い
何度も渡渉を繰り返し、谷が開けてくると枯れ木に大きなナメコ!

IMG_8466.JPG
今回は、採らずに、撮るだけにしておきます

やがて、伐採地へ下りて来ると、前方に林道が見えている

IMG_8467.JPG

岩飛びで対岸に渡り、林道を下って行くと、林道分岐 14:25

IMG_8468.JPG
この林道を登ると、横尾峠の手前に出る道になるようだ。

谷あいの黄葉を楽しみながら

IMG_8469.JPG

上谷林道の駐車地点へ戻って来る 14:35

頭巾山は3度目だが、前回は福井県側の名田庄からで、
最初に南丹市から登った記憶が薄れ、新鮮味に溢れており、
何よりも横尾峠までの尾根の黄葉が素晴らしかった

総距離:8.1km
13,462歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、おぎひまさん、夢楽さん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は若丹国境尾根の頭巾山へ行って来ました。
    以前に同じルートで登った筈ですが、すっかり記憶が薄れ新鮮味を感じるほどでした
    ミズナラの黄葉がまだ残っていましたが、ブナが終わっていたのは残念でした
    下山ルートが廃道になっていたのも残念ですが、次回は花の頃に登ってみたいルートの一つでした。
    2019年12月03日 11:33
  • おぎひま

    こんにちは。

    珍名山、ゲットですね。
    赤や黄色の絨毯の上を歩く山歩きもオツなものですよね。
    2019年12月03日 13:04
  • 山ちゃん

    おぎひまさん、今晩は
    コメントも頂いて有難うございます

    いや~あっ、頭巾山は珍名山に相応しいですか?
    そう云えば、読み方は「ときんざん」で珍名かも知れませんね
    今の時期は落ち葉を踏みしめて歩くのも楽しいものです
    2019年12月04日 00:03
  • 山ちゃん

    poniesさん、totoさん、”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は若丹国境の頭巾山へ登って来ました。
    もう随分前に同じルートを登ったと思いますが、記憶が薄れると新鮮味があって楽しかったです
    とりわけ、横尾峠までの枝尾根の黄葉は素晴らしかったですが、ここにブナの黄葉がプラスされれば鬼に金棒のようです
    下山ルートは道が不明瞭で荒れていましたが、面白そうな所ですから、花の時期に訪れてみたいものです。
    2019年12月04日 00:14
  • 山ちゃん

    小天狗さん、MORINOBUNAさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は若丹国境の西の端にある頭巾山へ行って来ました。以前に登ったのと同じルートの筈ですが、記憶に残っておらず新鮮味がある山歩きでした
    黄葉は抜群でしたから、次回は花の頃に訪れてみたいものです。
    2019年12月05日 00:32
  • 山ちゃん

    かっちゃんさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    頭巾山、以前に同じルートで登った筈ですが、すっかり記憶が薄れて新鮮味が有りました
    ブナの黄葉は終わっていましたが、ミズナラの黄葉が抜群でやって来た甲斐がありました
    次回は、花の頃に訪れてみたいものです。
    2019年12月06日 23:47