ちょこっと散策・鯉ケ窪湿原のミコシギクとスイラン!

”19.10.05.(土)
今回は干支の山の帰りに、
鯉ケ窪湿原のミコシギクとスイランを見に行って来ました
IMG_7705.JPG
(写真は、湿原の雑草の中に咲く見頃だったミコシギク)
ミコシギク(御輿菊)
キク科 ミコシギク属
本州、九州の山地の湿地に稀に生育する多年草で、
別名がホソバノセイタカギクとあるように、
葉は細く、上部の葉は線形となり、茎は細くて最初は立ち上がるが、
次第に倒れかかり、他の植物に寄りかかった状況が多いそうです。
名前の由来は、大名行列の御輿槍に似ているからだそうです。
因みに、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。

鯉ケ窪湿原は岡山県阿哲郡哲西町矢田谷にある国の天然記念物に指定されている湿原です。
IMG_7696.JPG
以前は、オグラセンノウを見にやって来ましたが、
今回は干支の山の帰りに立ち寄ってみました
IMG_7691.JPG
花はマーガレットそっくりで栽培種のように見えますが、れっきとしたキク科の在来種です。
茎はほとんどツル植物のようで、自立できず。しかも、直射光が当たると葉がしおれるほど水揚げの能力が低く。風が吹き込まず、空中湿度が高く、半日陰のような状態でしか生育できないのではないかと思われています。
IMG_7694.JPG
ミコシギクは稀な種ですが、鯉ケ窪湿原には比較的生育個体数が多く、これほどの個体数が生育している湿原はここだけかも知れません。
IMG_7698.JPG
概ね鯉ケ窪池の奥周辺の湿原に多く咲いていました。

続いて、スイランを見てみます
IMG_7700.JPG
スイラン(水蘭)
キク科 スイラン属
中部地方以西の本州から九州に分布する多年草で、
低地の湿原やその周辺、貧栄養な溜池の湖岸などに生育しています。
因みに、山ちゃんの地元・京都では絶滅危惧種になっています。
ランと名が付きますが、キク科の花で葉っぱがシュンランのように細長く、湿地に生えるからだそうです。
ニガナの仲間とよく似た黄色い花を咲かせます。
IMG_7702.JPG
鯉ケ窪池の水辺に群生している所がありました。
IMG_7701.JPG
折角ですから、今咲いている花も見ておきます
IMG_7695.JPG
この中で、ビッチュフウロは2~3日遅くて花が落ちたばかりで、
キセルアザミも遅く惨めな花姿だったのでパスしました。
タムラソウは至る所に咲いていますが、
IMG_7699.JPG
ヒツジグサは残り花1輪だけで、
IMG_7693.JPG
アケボノソウは群れるように咲いていました。
IMG_7703.JPG
今年の初物、ヤマラッキョウはまだ蕾が多かったです
IMG_7708.JPG
IMG_7704.JPG
サワギキョウは殆ど実になっていましたが、何とか2株だけ先端に咲き残っていました
IMG_7692.JPG
IMG_7706.JPG

鯉ケ窪湿原へミコシギクとスイランを訪ねて
秋の残り花も見られた

ちょこっと散策


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • たかちゃん

    山ちゃん様 こんにちは。
    絶滅危惧種のお花を見せて戴き
    嬉しいです♪♪
    この季節に咲くお花も素敵ですね。

    以前聞いておりました、嵐山電鉄の
    乗り鉄行きました♪ ”近くて遠かった”?
    ですね、楽しみました(10日)
    2019年10月12日 11:11
  • 山ちゃん

    たかちゃんさん、こんにちは
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、ミコシギクはそんなに珍しい花じゃないようですが、こんなに群生している所はここだけのようです。
    やはり、今の時期はキク科の花が多いですね

    へ~えっ、嵐電の乗り鉄をされましたか。今は車掌がいなくてワンマンですから、昔の面影がなくなりました
    2019年10月12日 12:37
  • 山ちゃん

    凡・ハヤトさん、おぎひまさん、小天狗さん、夢楽さん、こんにちは
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、干支の山の帰りに立ち寄って来ましたが、ミコシギクとスイランが見頃になっていました
    おまけに、サワギキョウが残っていたのはラッキーでした
    2019年10月12日 12:53
  • miyo

    こんにちは~
    鯉ケ窪湿原、前から気になっていた場所ですが、国の天然記念物湿原だったのですね~!
    季節の湿原の花が見れるとの事で訪ねてみたかったのです。。
    ミコシギク、環境に繊細な植物のようですね!
    沢山咲いてて、鯉ケ窪の環境にあってるのですね。沢山増えてほしいですね~
    たしか、昔帝釈峡と鯉ケ窪でヒナノキンチャクの報告あったのですが、鯉ケ窪は最近報告見かけません。
    2019年10月12日 14:47
  • MORINOBUNA

    こんばんは。
    ミコシギクとスイランとは珍しいですね!  私の行動範囲ではまず出会えない花です。 ミコシギク姿形が面白いですね。

    丹沢ではヤマラッキョウ、オヤマボクチが開花しました。
    リンドウ、センブリ、フジアザミ、ホソエノアザミ、ホトトギス、ウメバチソウが盛んです。
    そろそろキッコウハグマ、イヌショウマが咲くはず。
    2019年10月12日 18:39
  • 山ちゃん

    miyoさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    ハ~イッ、オグラセンノウが咲く自然が残る湿原で花数が多い所です。
    ミコシギクは掃いて捨てるほど咲いていましたよ
    干支の山の帰り道ですから立ち寄って来ましたが、ヒナノキンチャクが咲くのは知りませんでした。
    2019年10月12日 23:06
  • 山ちゃん

    MORINOBUNAさん、今晩は
    いつもコメントを有難うございます

    いや~あっ、高い山へ登る訳じゃないですから簡単に行けるのですが、ちょこっと遠すぎますね
    ミコシギクの花姿は栽培種の花とそっくりですが、長~い茎と細い葉っぱが菊の花とは思えません。
    丹沢も秋の花が一杯になる季節になって来たようですね
    2019年10月12日 23:16
  • 山ちゃん

    ”PeRo”さん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は干支の山の帰りに鯉ケ窪湿原へ立ち寄って来ました。丁度、ミコシギクとスイランが見頃で訪ねて甲斐がありました
    2019年10月13日 22:26
  • 山ちゃん

    かっちゃんさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今回は、干支の山の帰りに鯉ケ窪湿原へ立ち寄って来ましたが、ミコシギクとスイランが見頃になっていました
    おまけに、今年は諦めていたサワギキョウにも逢えました
    2019年10月17日 23:52