山大好きの山ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょこっと山歩き・台風前に鎌尾根から鎌ケ岳!

<<   作成日時 : 2018/10/06 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 10

”18.09.28.(金)
今回は、台風がやって来る前の貴重な晴れ間に、
鈴鹿の鎌ケ岳(1161m)へ鎌尾根から行って来ました
画像

(写真は、鎌尾根から見るピラミダルな鎌ケ岳)
今回は、台風前の貴重な晴れ間に鈴鹿の鎌ケ岳へ、
宮妻峡から鎌尾根で鎌ケ岳へ、カズラ谷を下る周回です。
宮妻峡キャンプ場(08:00)〜水沢峠登山口(08:35)〜水沢峠(09:35)〜水沢岳(10:00)〜鎌尾根(10:30)〜岳峠(11:20)〜鎌ケ岳山頂(11:35〜12:00)〜雲母分岐(12:30)〜カズラ谷登山口(13:25)〜宮妻峡キャンプ場(13:25)
今回の軌跡
画像

宮妻峡キャンプ場から奥は工事中で通行止め?
どこで工事をしているのやら、キャンプ場から歩き始め、カズラ谷登山口まではすんなりと来られ、以降、工事用のプレハブが建っていたり、車両が停まっているが、何の問題もなく水沢峠登山口までやって来ると、次々と工事車両が追い越して登って行く?どうも、かなり林道の上部で工事をしているようで、歩くには支障がないようだ。
水沢峠登山口
画像

以前と変わらぬ登山道のようで少しホットする。
枝尾根を登り切り、岩ゴロの谷を詰めて行く
画像

やがて、水が滴り落ちる岩壁にやって来ると、
画像

まだ、何とか間に合ったダイモンジソウが咲いている。
画像

以前、この大岩にびっしりと咲いていたのを見た事がある。
傍にはスズカアザミも健気に咲いている。
画像

ここから急斜面をジグを切って登り切ると水沢峠で、
画像

県境尾根の急坂を北上して登って行く
足下にはミヤマママコナが至る所に見られる。
画像

振り返れば、入道ケ岳がど〜んっと見えている
画像

やがて、開けた台地へ飛び出すと二等三角点の水沢岳山頂
画像

木々の間から鎌ケ岳が見えているが、少し北上すると、
左に鎌尾根を配して中央に鎌ケ岳が綺麗に見えている
画像

水沢岳を越えて、キノコ岩を西側から激下り、
画像

県境尾根を北上すると、目の前に鎌尾根が迫っている。
画像

県境尾根を南側から廻り込むと、鎌尾根の西端で、
連続する岩峰の先に鎌ケ岳が手招きをしている。
画像

手前の衝立岩を西側から鎖とロープで登り切り、
鎌尾根の中央部へやって来ると、北側の展望が開けて、
中央に雨乞岳、右にイブネ台地、左には綿向山が見えている。
画像

この展望を見ると、次の山行が決まりそうだ
更に、鎌尾根をアップダウンで北上し、
ザレた尾根を慎重に東側からトラバースし、
画像

最後のピークを越えて、急な岩場を鎖で下り、岳峠へ向かうと、
足下にフクオウソウが現れる。写真がボケているが、まだ蕾だ。
画像

先日(24日)、比良神爾谷の蟻地獄で咲いているのを見たが、
こちらが本家本元なのに、出逢ったのは今回が初めてだ
岳峠に合流し、少し登ると右から長石谷の道を合わせ、
正面の岩壁を右からトラバース気味に登り始めると、
岩の隙間にダイモンジソウが数株咲いている
画像

こんな所で見たのは初めて。湿った岩場に生える花なのに?
岩壁を東側から廻り込んで、大岩を攀じ登り、鎌の西端に乗り上げ、
少し進むと登山者で賑わう鎌ケ岳山頂
画像

正面には御在所岳がどっしりと見えている。
西端の岩場に戻り大休止
眼下には、登って来た鎌尾根が大きく見えている。
画像

休憩中も迂回路ルートで登山者が続々とやって来る。
やはり、皆さん台風前の晴れ間を楽しんでおられるようだ。
休憩後は岳峠まで下り、カズラ谷への急坂を下って行く
途中、馬の背尾根から来られた同年輩の女性3名とすれ違う。
お話を伺うと、昨年は水沢峠付近でスズメバチに襲われたとか。
フクオウソウとダイモンジソウが咲いていた事を教えてあげて
急坂が左へ大きくカーブする所が雲母峰分岐で、
画像

左に雲母峰と馬の背尾根の道を分けて、
長〜い樹林帯をくねくねと下り、滝の傍から沢沿いを進み、
飛び石で沢を渡り、ひと登りすれば、カズラ谷登山口へ戻り、
画像

車道歩きで宮妻峡キャンプ場へ戻って来る。

台風前の晴れ間にアルプス気分を味わい、
鎌尾根から鎌ケ岳を周回した

総距離:11.5km
19,113歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
今日は微妙なお天気なので家にいますが、雨が止みました。(笑)
鎌ヶ岳は未登です。
雨乞や御在所岳のついでに武平峠からピストン?
ならいつでも登れるし。
三重県の山(ガイドブック)には湯の山温泉から周回コースが紹介されています。

宮妻狭キャンプ場からのコースは良く見ると「山と高原地図」のお勧めコースなんですね。
知りませんでした。
機会があったら登ってみたいです。
水沢岳からの鎌尾根、危、迷、危の印かついていますが!!
迂回路ルートで登山者が続々とやって来るとありますが、ここを通らない巻き道があるのですか?
izumi
2018/10/06 09:38
こんばんは〜
いつも御在所と鎌ヶ岳セットで登ってて、
一度友達の子供(2歳)を交代で背負って鎌に登った事あります。
鎌ヶ岳南からのコースもよさそうですが、
夏はヤマビル居そうですね。
入道ヶ岳で沢山取りつかれました〜

miyo
2018/10/07 19:34
メチャクチャ良いお天気ですね♪ 山歩きにはやっぱり良いお天気の方が… このコースも結構ハードじゃないですか? 山ちゃんさんは本当にエネルギッシュで拍手拍手です。鈴鹿の紅葉はいつ頃からなのかなぁ〜
のこ
2018/10/07 21:36
izumiさん、今晩は
いつもコメントを有難うございます

へ〜えっ、鎌ケ岳はまだ未踏ですか
お勧めの時期は4月中旬のイワザクラとアカヤシオが咲く頃で、バイカオウレン、イワウチワ、ハルリンドウも同時に見られますよ
鎌尾根は通り抜けしないと面白くないですから、今回のルートがお勧めで、やはり、早春の頃がいいと思います。そんなに危ないルートでもありませんよ。

迂回路ルートで登って来るのは鎌ケ岳の事で、現在はザレ場を直登するルートは通行止めになっています。
山ちゃん
2018/10/08 00:48
miyoさん、今晩は
いつもコメントを有難うございます

ハ〜イッ、鎌ケ岳だけでは物足りないですから、御在所岳とセットで登られる方が多いですね。
アプローチが車ですから、どうしても湯の山温泉付近からの周回になりますが、未だに山ビルにやられた事はないです
山ちゃん
2018/10/08 00:56
のこさん、今晩は
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

いや〜あっ、たまには好天の日にも巡りあいますよ仰るように身も心も晴天が一番ですね。
林道歩きが辛いですが、思ったより手軽に登れるんですよ。
紅葉はもう始まっているでしょうが、今年は台風で葉っぱが散ってますから、如何なものでしょうね
山ちゃん
2018/10/08 01:08
夢楽さん、コケ魔女さん、小天狗さん、もも先生さん、poniesさん、凡・ハヤトさん、MORINOBUNAさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今回は台風前の貴重な一日を鎌尾根でアルプス気分に浸って来ました
おまけに、鎌ケ岳の岩場にもダイモンジソウが咲く事や、フクオウソウもある事が判り次回の楽しみが増えました
山ちゃん
2018/10/08 01:17
一歩さん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

鎌ケ岳の鎌尾根、本場とはスケールも違いますが、ちょこっとアルプス気分を味わう事が出来ますおまけに、好天に恵まれて台風前の貴重な一日を楽しめました
山ちゃん
2018/10/09 08:34
おぎひまさん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

今回はアルプス気分を味わうために鎌尾根を歩いて来ました本場とは比べ物にはなりませんが、気持だけアルプスを歩いた気分に浸りました
おまけに、フクオウソウが咲く事も判り、それなりの成果がありました。
山ちゃん
2018/10/09 10:42
青木院長さん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

今回は、鈴鹿の鎌ケ岳でアルプス気分を味わってきました。本場のような急俊さはありませんが、気持はアルプス気分を歩いているようでした
山ちゃん
2018/10/10 10:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょこっと山歩き・台風前に鎌尾根から鎌ケ岳! 山大好きの山ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる