山大好きの山ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょこっと山歩き・比良神爾谷・蟻地獄から秋の花散策!

<<   作成日時 : 2018/09/30 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 7

”18.09.24.(月・祝)のち
今回は、比良神爾谷・蟻地獄から秋の花散策に行って来ました
画像

(写真は、蟻地獄中央部から稜線を見上げる)

イン谷口(07:45)〜神爾滝(08:35)〜蟻地獄分岐(09:40)〜北比良峠(10:10)〜八雲ケ原(10:20)〜広谷(11:10)〜八雲ケ原(12:00〜12:40)〜旧シャカ駅跡(13:20)〜イン谷口(14:30)

今年は、まだダイモンジソウとアケボノソウを見ていないので、
比良神爾谷の蟻地獄から秋の花散策に行って来ました。
神爾谷はいつも蟻地獄分岐から尾根ルートを登っていますが、
今回は数十年振りに蟻地獄から登ってみました。

イン谷口には既に6台の車が停まっている。
いつものように、リフト道分岐から神爾谷へ入って行くと、
先日の台風で倒木が登山道を塞いでいる
でも、細い枝は伐られて何とか通れるようだ。
それに、新たなオレンジ色のリボンが沢山付けられている。
暫く行くと、若者が一人戻って来る
話を伺うと、土砂崩れで登山道が見つからず戻って来たとか。
一緒に登る事を勧めるが、もう諦めて下山されるそうだ。
(結果は土砂崩れはなくて、若者の見落としだった。)
神爾滝標識までやって来ると、ママコナが沢山咲いている。
画像

何度も渡渉を繰り返し、砂防堰堤が現れ始めると、
サルナシが至る所にたわわに実っている
画像

今年も自然の恵みをちょこっと頂いておきます
比良天神の赤い鳥居を過ぎると神爾谷本流の岩ゴロに出て、
最後の砂防堰堤の急斜面をロープで登り始める
足下にはアキギリとミカエリソウが咲き残っている。
画像
画像

砂防堰堤を登り切り、小橋を渡り、左岸を少し登り、
左の枝沢へ入って行くと蟻地獄分岐までやって来る。
画像

南側(左)がいつも登っている尾根ルートで、
東側(右)は北比良峠への直登ルートになっており、
真ん中が沢ルートで蟻地獄への入口になっている。
先行の若者4人が地図と睨めっこして登山道を探しているようで、
どうやら北比良峠への直登ルートで登るようで出発して行った。
昨年はこの付近にもダイモンジソウが沢山咲いていたが、
大雨で流されたのか?数株しか咲いていない
画像

分岐から沢の左側をへつるように廻り込むと、
小滝の傍にアケボノソウが数株咲いている
画像

かなり草丈のあるアケボノソウでまだ咲いたばかりのようだ。
画像

小滝の右岸は滑りそうなので、迂回ルートを登ると、
もう何年も前から傾いたままの標識が現れる。
画像

小滝を迂回し、沢筋へ復帰するとフクオウソウが咲いている。
画像

この花に逢うのは久し振りで何だか嬉しくなってきた
沢筋の壁にはダイモンジソウが点々と咲いている
画像

ここから蟻地獄へ突入して行く
画像

やはり、台風でかなり落葉や小枝が積もっているようだ。
太い鎖が窪みに伸びており、
上部のニードルを目指して登る。(冒頭の写真)
ここが最終地点で、左にトラバースしてダケ道に合流する。
画像

ダケ道を登り切り、北比良峠へやって来ると、
先程の若者たちが到着しており、他に二組の登山者が休憩中。
今回は、ピークハントはしないので周囲の花散策
八雲ケ原湿原はウメバチソウが見頃になっている。
画像

スキー場跡にはセンブリが咲き始めている
中には4弁花と5弁花が混じっているのもある
画像画像
画像

リンドウを探すもまだ咲いていないようだ
広谷にはまだシロバナトリカブトが咲き残っていた
画像

キタヤマブシは終盤を向えているようだ。
画像

八雲ケ原に戻って大休止
休憩中に何人もの登山者が入れ替わりにやって来る。
中には花好きな方が、ゲレンデ跡を隅々まで見ておられる。
話を伺うと、月2回も登られている長岡京の方で、
暫し、花談義で盛り上がる
休憩後は久し振りに旧シャカ駅跡からリフト道を下る事にする。
ゲレンデ跡にはオオバキスミレが残っており、
マツムシソウも咲いていたようだ
画像

カラ岳へ登り返し、鞍部から旧シャカ駅跡へ下り、
リフト道をくねくねと下り、神爾谷への道に合流し、
来た道を下り、イン谷口へ戻って来る。

数十年振りにスリルある神爾谷・蟻地獄を登り、
秋の花を楽しんで、秋の味覚も頂いた

総距離:14.9km
24,750歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
poniesさん、凡・ハヤトさん、夢楽さん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今回は、比良山系の神爾谷・蟻地獄を久し振りに登ってスリルを楽しんで来ました
でも、残念ながら雨で流されたのか?ダイモンジソウが群落にはなっていませんでしたおまけに、アケボノソウも花数は少なくなっていました。でも、フクオウソウやシロバナトリカブトに逢えたのはラッキーでした
山ちゃん
2018/09/30 21:18
秋の花散策、気持ちよさそうですね。^^
凡・ハヤト
2018/10/01 09:15
凡・ハヤトさん、こんにちは
コメントを有難うございます

春のように花数は多くないですが、清々しい天気で秋の味覚も頂けるのが有難いです
欲を云えばキリがないですが、リンドウも見ておきたかったです
山ちゃん
2018/10/01 11:02
小天狗さん、MORINOBUNAさん、おぎひまさん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

今回は、ん十年振りに神爾谷の蟻地獄を登ってみました。昔はこんな所を登る人を別人のように思っていましたが、今では難なく登っている自分も別人になってしまいました
おまけに、ダイモンジソウとアケボノソウも見られて大満足の山歩きでした。
山ちゃん
2018/10/01 11:11
こんばんは〜
比良山のルートの中、神爾谷ルートだけまだ登ってませんが、ダケ道途中から隣ルート見下ろす砂地の急斜面を見て、すごいルートだな〜と思ってたのが蟻地獄ルートなんですね。
砂地で難コース登られた山ちゃんの体力凄いです!
そこにお花があるから登るって事ですね!
山ちゃんの日々の努力のお陰で、何時も綺麗なお花を私達楽に見れるって事なんですよね!
ありがとうございます〜
miyo
2018/10/01 22:43
miyoさん、今晩は
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

いや〜あっ、今は神爾谷ルートも整備されて登り易くなりました。蟻地獄と云っても鎖もありますからどなたでも登れますよ
今では蟻地獄を登るよりも、左側の尾根ルートが主流で春のイワウチワ群落は見応えがありますよ。一度チャレンジしてみて下さい。
山ちゃん
2018/10/02 00:07
青木院長さん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

神爾谷の蟻地獄、久し振りに登って来ました。以前は恐ろしいような所と思っていましたが、今ではスリルを楽しむ余裕がでてきました
でも、ダイモンジソウが流されたのか数が減ってしまったのが残念です
山ちゃん
2018/10/06 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょこっと山歩き・比良神爾谷・蟻地獄から秋の花散策! 山大好きの山ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる