ちょこっと山歩き・秋の伊吹山(山ちゃん新道~中尾根~弥高尾根の紅葉)!

”16.11.03.(木)のちのち
今年も、伊吹山の紅葉を見に行って来ました
画像

(写真は、麓の寺林集落から見る伊吹山)
伊吹山の紅葉は表登山道では殆ど見る事が出来ません。
でも、伊吹山の南西側は川戸谷を挟んで岐阜県境斜面と、
中尾根に派生する支尾根から弥高・上平寺尾根が紅葉します。
今年も、川戸谷から山ちゃん新道の手入れをしながら
新道~中尾根~弥高尾根の紅葉を楽しんできました
いつものように上平寺からスタート 09:05
川戸谷林道を暫く行くと、獣に襲われたのか?猫の死骸がある。
以前は、鹿もあったが一週間で骨だけになっていた。
林道歩きがウンザリした頃が林道終点で 09:50
河原に降りて、最終堰堤を巻く為に左岸の斜面に取り付く。
画像

草が伸び放題だが、獣道のように細い道が残っている。
傍らには、いつものように遅くまでリュウノウギクが咲いている。
画像

斜面に取り付けたロープに絡まった蔓や、枯れ木を取り除き、
歩きやすくするが、まだロープが足りないようだ
再び河原に降りて川戸谷を詰めて行く。
画像

左岸から右岸へと、何度か渡渉を繰り返し、
V字に分かれた谷の左を登り詰めると、
山ちゃん新道の取り付き点にやって来るが 10:20
画像

草が生い茂り、登る方向すら判らない状況になっている
何とか登りやすいように、煩い茨や草を刈り取っていると、
さっきまでの晴れ間が急変し
草刈りもそこそこに、合羽を取り出し登って行く
昨年取り付けたロープに蔓が絡まっていたり、
倒れた枯れ木で塞がれた箇所など、問題が山積している
取り敢えず、ロープ周辺は整備して登って行くと、
黄葉が始まった木々が現れる
画像

画像

背後の川戸谷の黄葉も始まっているようだ。
画像

徐々に高度を上げて行くと、モミジも色付き始めている。
画像
画像
画像

生憎の雨で自然林の黄葉も霞んでしまった
画像
画像

長いロープには倒木が絡まりやすいのか?外しておく。
画像

相変わらず雨が降ったり止んだりと、変わりやすい天候だが、
やっと、弥高尾根が木々の間から見え始めた。
画像

石灰岩の岩場に差し掛かると、弥高尾根の黄葉が見えてくる。
画像

最後の急なガレ場を登り切れば中尾根に乗り上げ 12:05
中尾根から続く弥高尾根の黄葉がみれいに見えてくる
画像

足下には終焉間際のリュウノウギクが沢山残っており、
鹿の群れが急な侵入者に慌てて逃げ回って行く。
風除けの出来る斜面の木陰で大休止
休憩後は、このまま伊吹山頂には寄らず下って行く
今回はバリルートを尾根沿いに下って行く。
見頃な黄葉があると、ついつい撮ってしまう
画像

いつの間にか?正規の登山道に合流し下り始める
中尾根にはブナの木が多く黄葉も見頃になっている。
画像
画像

やっとここで晴れ間が戻り、黄葉が眩しいくらいだ。
画像

広葉樹の黄葉が見頃でウキウキしながら下って行く
画像

由一残念なのは、ガスで川戸谷全体の黄葉が見られない
でも、中尾根と弥高尾根の黄葉が見られたので善としよう。
弥高尾根分岐から上平寺尾根を緩やかに下って行く。
折角だから、上平寺城本丸跡に立ち寄ってみる 13:50
画像

この付近はモミジが多く、楽しそうだが紅葉はまだまだのようだ。
深く掘れた登山道を下って行くと、何やら実が落ちている?
オオウラジロノキの実で果実酒に最適らしい
画像

ま~あっ、これだけの数では糲があかないだろう
伊吹神社の下から京極氏庭園跡を抜けて、
上平寺へ戻って来る 14:35

生憎の雨とガスで川戸谷の黄葉が見られなかったが、
山ちゃん新道と中尾根、弥高尾根の黄葉が楽しめた

総距離:8.9km
14,068歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキングへ


国土地理院承認 「山ナビ(G16)」山歩き専用GPSナビ
クリッパー
タッチパネルで簡単操作! 山の中でもGPSが現在位置を確認。目的地の方向やルートをわかりやすく表示し


楽天市場 by 国土地理院承認 「山ナビ(G16)」山歩き専用GPSナビ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




UDAP熊撃退スプレー携帯用ホルスター付(アメリカ公的機関採用品)日本輸入総代理店
こだわりの輸入品Shop 楽天市場店
安全な非可燃ガスを使用している有効射程9mの強力な熊撃退スプレーです。野犬、猪、猿にも対応します。


楽天市場 by UDAP熊撃退スプレー携帯用ホルスター付(アメリカ公的機関採用品)日本輸入総代理店 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • リッキー

    こんばんは
    川戸山ちゃん新道の手入れ、お疲れ様でした。
    昔の山道があった場所でも、年に数回しか訪れないと大変になっていたようですね。
    オオウラジロノキの実で果実酒、僅かでもどのような香りになるのか持ち帰ってもらいたかったですね。
    私は角田でウワミズザクラの実を少し摘んで来て、ホワイトリカーに入れて置いたら、素晴らしい芳になっています。
    2016年11月12日 19:38
  • 山ちゃん

    リッキーさん、今晩は
    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    いや~あっ、今年はサボってしまい今回が初めてでした
    仰るように植物の繁殖力は旺盛で、一年も放っておくと目の当てられない状況になっています。
    オオウラジロノキの実は何度も目にするのですが、豊作と云うほどじゃないのでスルーですが、来年からは集めてみたいものです
    ウワミズザクラの実が果実種になるのですか
    2016年11月12日 23:20
  • 山ちゃん

    ozさん、shinsukeさん、”PeRo”さん、MORINOBUNAさん、今晩は
    いつも気持玉を有難うございます

    今年は初めての山ちゃん新道を歩いてきました。
    やはり、草刈りをしておかないと凄まじい状況になっています
    でも、何とか今年も綺麗な黄葉を見る事が出来ました
    2016年11月12日 23:29
  • ぶちょうほう

    山ちゃん様 こんにちは
    山道の整備、お疲れさまでした。夏の間に草木の盛んに伸びる様子がよく判りました。
    このルートを整備するには年に3度くらいは、草刈り鎌と、鋸をもって入山しないと追い付かないように感じました。
    鉈なども訳に立ちそうですね。

    せっかく入山したのに、雨にたたられましたね、それでも御身の天気力エネルギーが雨空をねじ伏せて、晴れ間を取り戻したのはお見事!・・・と言うべきでしょうね。

    記事を読んで、伊吹山の紅葉も見るべきものがあると感じました。
    2016年11月13日 13:09
  • 山ちゃん

    ぶちょうほうさん、こんにちは
    いつもコメントを有難うございます

    いや~あっ、今年は貧乏暇なしで新道へ行く機会がありませんでした
    本当に3度は草刈りの必要があるようですね。特に茨のある雑木が煩くて難儀します。

    この日は平地では晴れ間が広がっていましたが、山間部は雨が降ったり止んだりを繰り返していました。おまけに、北風が強くて寒いってなもんじゃなかったです
    でも、下山の頃にはすっかり晴れ渡っていました
    伊吹山の川戸谷の斜面は素晴らしい黄葉が見られますよ。
    2016年11月13日 15:18
  • みかん

    山ちゃん新道、良いですね~♪
    こちら側の伊吹山コースは紅葉が楽しめますね。
    2016年11月14日 23:59
  • 山ちゃん

    みかんさん、今晩は
    いつもコメントを有難うございます

    ハ~イッ、まだまだ整備不十分ですが、川戸谷から中尾根まで何とか通過出来るようになりました。何と云っても紅葉が楽しめるのが表登山道との違いでしょう
    2016年11月15日 00:22
  • しゃら

    >昨年取り付けたロープに蔓が絡まってい
    >たり、倒れた枯れ木で塞がれた箇所など
    一年で、そんなになっちゃうんですか~。それじゃ、整備は大変ですね。でもいつか行ってみたいです。
    オオウラジロノキの実が果実酒にいいって、知りませんでした。
    2016年12月16日 08:56
  • 山ちゃん

    しゃらさん、こんにちは
    いつもコメントを有難うございます

    ハ~イッ、自然の逞しさを垣間見たようです。
    やはり、年に3回は整備しないとダメですね。
    オオウラジロノキはどこにでもありそうですが、樹高があるので見つけるのが大変です。沢山落ちていれば拾って帰ってもよかったのですが
    2016年12月16日 09:48