ちょこっと山歩き・金勝アルプスの竜王山!

12”03.04.(日)
今回の辰(竜)の付く山は、
金勝(こんぜ)アルプスの竜王山(605m)です
画像


この山は琵琶湖の東南、
草津市の東に位置する金勝(こんぜ)アルプスにあります。
金勝(こんぜ)アルプスは、
風化した花崗岩が露出し、巨大な奇岩が連なる、
アルプス的な雰囲気を醸し出している山塊です。

スタートは、上桐生バス停を過ぎた
キャンプ場入り口にある有料駐車場からです。
(有料なのは4月~11月まで)
駐車場 8:00
画像

「たまみずきの道・鶏冠山」という道標に従って歩き始める
すぐに林道に入り、間もなく「落ヶ滝へ・・」という案内板があり、
林道を離れて、右の登山道に入っていく。
渓流沿いの道となり、渡渉を何度か繰り返しながら進み、
落ヶ滝への分岐に出合う。
滝まで5分とあるので、ちょこっと行ってみることに
落ヶ滝 8:25
画像

水量は少ないものの、高さ20mほどで、3段の岩から流れ落ちている
滝を見た後は、分岐まで引き返して、
登山道を登って行く
滝の上部に出て、風化した花崗岩の露出した道を登る
やがて河原のようなところに出る。
画像

「天狗岩・耳岩方面」という道標に従って沢沿いに登って行くと、
20分ほどで北峰縦走路出合の尾根に着く 8:55
画像

右に行けば天狗岩、左に行けば鶏冠山だ!
せっかくだから鶏冠山も登ってみることに
けっこうきつい坂が連続する
右手の展望が開けると、
栗東トレセンの街並みと三上山(近江富士)が目に入る
画像

足元にはイワカガミの葉っぱが沢山目に付く。
よ~く見ると、花芽が元気に育っている!
画像

やがて、鶏冠山(491m)の山頂 9:05
画像

展望は北方面だけだが、樹林の間から、
湖南の街並みと琵琶湖、比良の山並みが見える。
急坂を引き返して、先ほどの出合いまで戻る 9:20
この先は、尾根伝いに南に向かい、
少しずつ高度を上げていくと、右手の展望が開けてきて、
振り返れば、琵琶湖と比叡山が見える。
画像

間もなく行く手に天狗岩の白い大きな岩塊も見えくる
画像

この辺りがこのコースの圧巻かと思われる
天狗岩を眼前に見たところで、一旦東側に下り、
そして、再び登り直したところが天狗岩の直下になっている
天狗岩の南側から回り込んで登って行くと、
天狗岩の頂上 10:00
画像

5、6人くらいが立つことができるスペースがある!
もうひとつ大きな岩があるが登れない
画像

次は、天狗岩から耳岩へと縦走路を南下。
5分もすれば耳岩に到着!
画像

耳岩は展望台になっているが、
どこから見たら耳に見えるのかよく分からない
後で気が付いたのだが、白石峰の方から振り返って見ると、
右側のスッキリした岩が耳に見える

更に階段になった登山道を登って行くと、
誰が積み上げたのか?不思議な岩塊!
画像

やがて、白石峰と呼ばれる分岐に着く 10:20
画像

ここから左に入り、緩やかな尾根筋を竜王山に向かう。
途中に茶沸観音という大きな石に彫られた小さな仏がある
画像

これを通り過ぎると、やがて頂上直下に、
金勝寺(こんしょうじ)の八大龍王の小さな祠がある。
画像

やはり、ここも干ばつ時に雨乞いが行われていたようだ。
祠の反対側を少し登ると、竜王山の山頂 10:35
画像

山頂は小さな広場になっていて、
その中央に四等三角点が設置されている。
さすがに四等ともなると、石標が小さい
山頂からの展望は、北と西が開けている。
西には、これまで登ってきた金勝アルプスを一望することができ、
また北には、栗東トレセンと三上山が、
そして琵琶湖を隔てて、比良の武奈ヶ岳も望むことができるそうだが・・・
生憎今回は春霞がかかっていて、
遠くまでは展望することができなかった

白石峰まで引き返し、狛坂線(狛坂寺跡方面)を下る 10:50
整備された階段を下って行くと、間もなく重ね岩に着く。
画像

なるほど大きな岩が2つ重なっている
この岩には阿弥陀像が刻まれているというが、
風化して摩滅してしまっている
さらに松林の中を下っていくと、国見岩に着く。
ここからは、耳岩、天狗岩、鶏冠山が一望できる
画像

また眼下に新名神高速や湖南の街並みも見える。
画像

更に下って行くと、史跡「狛坂磨崖仏」に出る。
画像

奈良時代後期の作とされ、
高さ6.3m、幅4.3mの花崗岩に3mの如来座像、
両脇に菩薩立像の三尊像、周囲にも9体の小菩薩像が彫られている
(詳細の立て看板による)
狛坂磨崖仏を過ぎると、やがて桐生辻からの道と合流し、
右にとり南谷林道に出て、沢沿いに進む。
途中、耳岩からの道が合流してくると、
まもなく舗装道路に出て、新名神高速の下をくぐり、
林道を進んで行くと右手に「逆さ観音」の表示があったので、
ここにも、ちょこっと立ち寄ってみた
画像

なるほど、大きな岩に逆さになった観音三体(実際は阿弥陀三尊仏)が彫ってある
どうしてこうなったのか、説明の案内板によると、
元々鎌倉時代に金勝寺の参道に道標として彫られていたものが、
明治時代のオランダ堰堤の工事の際に、
不足した石材の一部にあてるため、
逆さ観音の石の一部を割って利用したそうです。
その為、石がバランスを失って落下して逆さになったとか

よく見ると、左側の石の3分の1ほどが割られてなくなっている!

元に戻り、再び林道を下って行くと、
右手に公園のような場所が見えてくると、「オランダ堰堤」に着く。
画像

明治初期に政府の招聘により来日した、
オランダ人技師ヨハネス・デ・レーケにより設計された砂防堰堤で、
割石積み(ヨロイ積みと呼ばれている)の堰堤で日本最古のものと言われている!
百年以上も経った現在も効能を発揮している
オランダ堰堤を過ぎると、すぐにキャンプ場に着き、
スタート地点の駐車場に戻ってくる 12:00

滝あり、奇岩あり、アルプスっぽい岩場もあり、
低山ながら、素晴らしい眺望が見られる周回コース、
また登ってみたい金勝アルプスの竜王山だった!

19,248歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキングへ





BURTON AK 31L PACK FW11 【smtb-f】【メール便不可】 【0304superP10】
海外雑貨通販 地球の歩き方style
サイズ:高さ58cm×幅31cm×厚さ15cm重量:1.7kg容量:31リットル素材:420デニール


楽天市場 by BURTON AK 31L PACK FW11 【smtb-f】【メール便不可】 【0304superP10】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • あいべん

    今晩は~(^^)
    竜王山、昔昔おおむかしに一度ハイキングで行った
    記憶がおぼろげに有るのですが余り覚えて
    居ません。
    最近は山科川遊歩道で無しに東福寺や泉涌寺
    の丘登山です。心臓の手術は外科的には問題
    無いのですが動きがおかしくて退院がのびのび
    になっています。
    大分良くなって居るので来週あたりに退院出来
    そうです。ご心配頂有り難うございます。
    2012年03月17日 21:56
  • 山ちゃん

    shinsukeさん、
    こんにちは

    いつも気持玉を有難うございます

    アルプスと呼ばれる山塊は沢山ありますが、
    偽物まがいが多いなか金勝アルプスは、小規模ながらアルプスらしさがありました
    2012年03月18日 13:52
  • 山ちゃん

    あいべんさん、
    こんにちは

    いつもコメントを有難うございます

    湖南アルプスは手軽に登れる山が多くて、キャンプ場もありハイキングにはいい所ですね

    奥さまの容体が心配ですね
    早く退院できますように、お祈りいたしております
    2012年03月18日 14:01
  • こんにちは!
    何時もありがとう ございます。
    3年前に栗東の金勝道の駅から林道を進み終点の駐車場から登りました。写真に撮られている大きな岩に驚きました。家から近いのでまた行きたいとおもいます。
    2012年03月18日 17:17
  • 山ちゃん

    彩さん、
    今晩は

    いつもコメント&気持玉を有難うございます

    アハハ!随分楽をして登られましたね
    滝が多いので、夏場の滝めぐりも面白そうに思いました
    低山ですが、変化に富んで楽しい山塊ですね!
    また、お邪魔したいと思います
    2012年03月18日 20:44
  • あいべん

    今晩は~(^^)
    山ちやんに日吉神社面白い狛犬もどきが
    有ると教えられて今日行ったら。
    何と今熊野神社でした。
    家に帰り写真の整理するまで日吉神社と勘違い
    してたので、「何だ~普通の狛犬」・・。
    当たり前ですね神社間違ってるんだから。
    情けない~。
    こんな馬鹿な私です~。
    2012年03月19日 20:22
  • 山ちゃん

    杏のひとりごとさん、
    今晩は

    いつも気持玉を有難うございます

    偽アルプスが多いなか、本当っぽい山塊に驚きと楽しさで、いい山歩きができました
    2012年03月19日 21:28
  • 山ちゃん

    RYOUZENN & みっちゃんさん、
    今晩は

    いつも気持玉を有難うございます

    これで12座目を達成です
    アルプスっぽい山塊に、楽しく山歩きも出来て、
    歴史の勉強にもなったようです
    2012年03月19日 21:43
  • 山ちゃん

    あいべんさん、
    今晩は

    再びのご訪問、有難うございます

    もうちょこっと北になりなすね
    楽しみを明日に取っておいただけですから・・・
    後日、ゆっくりご覧になって下さい
    2012年03月19日 22:19
  • たまて箱

    こんばんは。
    岩、石が多く滝も見られ中々良い面白みの
    ある山ですね。
    霞の中の景色も春・春らしく好いですね
    足元には新しい芽吹き気持ち良いでしょう
    次の「お竜さんは?・・・楽しみね」
    2012年03月20日 22:12
  • ぶちょうほう

    山ちゃん様 こんにちは
    金勝アルプスという名前を初めて知りました。
    三河からは離れていますので、きっと行くこともないことでしょうが、そういう場所を知ることが出来るのも山ちゃん様とのお付き合いあってのことだと感謝しています。
    自分が出かけること無しに、この山の名所を知ることができるのは有難いことです。
    アルプス的な景観あり、仏教的な由緒あり、外国技術の遺跡ありの盛りだくさんな山行でしたね。
    耳岩については、やはり右側の岩でしたか。
    天狗岩の次の、山ちゃん様でも登れなかった岩は”蛸岩”と名付けたくなりました。
    2012年03月21日 10:50
  • 山ちゃん

    たまて箱さん、
    今晩は

    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    アルプスと云う名の山塊が多くありますが、
    金勝アルプスはプチですが、それらしい山並でしたよ

    次回の竜は、ないしょ
    2012年03月21日 21:11
  • 山ちゃん

    ぶちょうほうさん、
    今晩は

    いつもコメントを有難うございます

    楽しんでご覧頂けたようで嬉しく思います
    こちらでは、低山な山塊なのでハイキングとして楽しむ人達が多いようです。
    天狗岩の隣を「蛸岩」とは・・・ドウビンに似てますね
    2012年03月21日 21:45
  • リッキー

    こんばんは
    一気に読み進みましたが、変化に富んで興味深い箇所が多いですね。
    隆起とか噴火によって出来た岩でしょうけど、もろい所が風化して現在の奇岩になったのでしょうけど、岩を誰かが積み上げたように見えますね。
    もしかして仙人さま山ちゃんが杖を一振りして積み上げました?
    2012年03月23日 19:29
  • 山ちゃん

    リッキーさん、
    今晩は

    いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

    鈴鹿ではこのような花崗岩が風化した尾根を多く見かけます。
    低山ながら、充分アルプス並みの山歩きが楽しめるいい所でした
    山ちゃんにも仙人力があれば、面白い山の演出ができるのですが
    2012年03月23日 21:34
  • 山ちゃん

    KURIさん、
    こんにちは

    いつも気持玉を有難うございます

    金勝アルプス、低山なれどあなどれない山塊ですね
    これから暖かくなると、キャンプ&ハイキングで賑わうことでしょう
    2012年03月24日 13:54
  • 山ちゃん

    亜子さん、
    こんにちは!
    ブログ気持玉を有難うございます(^◇^)
    2012年04月22日 08:24