山大好きの山ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょこっと山歩き・南伊勢の珍名山『切間の八』&『諾炬羅山』!

<<   作成日時 : 2018/02/27 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 9

”18.02.17.(土)
今回の珍名山は、
南伊勢の切間の八(313m)と諾炬羅山(307m)です
画像

(写真は、押渕集落から見る切間の八)
画像

(写真は、マイガイ林道から見る諾炬羅山)
どこにあるかって・・・
三重県南伊勢町押渕にある山で、
山中には天然記念物の暖地性シダ群落があります。
山名は・・・
切間の八なのか切間の鉢?はたまた霧間の八?
山を覆う霧の一瞬の切れ間にのぞく山の姿が八の字に見えるからだそうで、霧間の八が正解かな

諾炬羅山は十六羅漢の一人、釈迦の弟子の名前がつけられている。南伊勢の山にどうして十六羅漢の名前が付けられたのか不明ですが、近くに熊野脇道が通っており熊野古道伊勢路と関係があるのかも知れない?
尚、多幸良山とも書くようで何とも縁起の良い山だ。
因みに、
読み方はきりまのはちたこらやまです
今回は、白滝神社から切間の八へ、
縦走路を西進し諾炬羅山北峰、本峰に登り、
マイガイ林道で戻る周回で行って来ました。
今回の軌跡
画像

白滝神社 09:25
既に1台の車が停まり、4人の男性が出発されるところ。
後を追うように、白滝神社へ登って行く 09:30
画像

大岩を抜けてやって来ると、神社の横が登山口 09:35
画像

石がゴロゴロした急坂で白滝を高巻きで越えて、
苔むしたヒトツバが茂る岩場を抜けて登って行く。
画像

小さな谷に沿って登り始めると、
周囲は椿とヒメシャラの群生地で埋め尽くされている。
画像

谷を離れ、椿の急斜面を登り切ると尾根に乗り 10:00
画像

緩やかに西進して行くと、
木々の間から切間の八が見えてきた
画像

近道で山腹をトラバースし切間の八の肩へ向い、
木の根が露出した急斜面に取り付く。
画像

登り切り、東進すると展望が開けた岩場の先端に着く。
画像

切間の八山頂 10:20
画像

三等三角点 点名:鬼城(313.60m)にタッチ
画像

展望は西方向以外は抜群で、陽が反射する熊野灘!
画像

眼下には五ヶ所湾の入り組んだ海岸線!
画像

北方向には獅子ヶ岳の風車群が見えている。
画像

展望を楽しんだら来た道を戻り、縦走路に合流し、
照葉樹林の気持のいい縦走路を歩いて行く
画像

やがて、露岩の展望地から双耳峰の諾炬羅山が見えてきた。
画像

右が北峰で、左が本峰だが、北峰から廻り込むようだ。
縦走路を一旦鞍部へ下り、急坂を登り返して行く
振り返ると歩いて来た稜線の先に切間の八も見えている。
画像

急坂を登り切ると、ベンチのある諾炬羅山北峰 11:10
画像

北峰を越え西側からトラバースし、南の鞍部から登り返すと、
南峰のピークで、大江方面からの道が合流している。
ピークを東へ少し下ると、岩場の先端に飛び出し、
祠のある諾炬羅山山頂 11:20
画像

展望は抜群で、五ヶ所湾と英虞湾まで見渡せる
画像

南にはキラキラ光る熊野灘も見えている。
画像

東には切間の八が綺麗に見えている
画像

展望を楽しんだら大休止
休憩後は来た道を北峰まで戻り、マイガイへ下って行く
画像

*暖地性シダ群落とは?
アツイタやキクシノブなど紀伊半島以南の暖かい所にまれにしか見られないシダ類が11種類あるそうな。

シダの種類は唯一ウラジロくらいしか判らないが、細長い草のような植物やシダらしい物が至る所に見られ、こんな所へ下りて来た 12:25
画像

廃村のような石組みの間を抜けると林道に合流し、
林道歩きで押渕集落へ戻って行く。振り返ると双耳峰の諾炬羅山が見えている(冒頭の写真)
切間の八も、こちら側から見るとどっしりとしている。
画像

林道沿いには、流石に南伊勢!梅の花が咲き始めていた。
画像

白滝神社 13:00

冬の晴れ間に暖かい南伊勢で、
切間の八と諾炬羅山なる珍名山を楽しんだ

総距離:6.7km
11,242歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
今年も走行距離が多くなりそうですね。伊勢方面は結構遠くないですか? 頭が下がります。山の名前も面白いけど、マイガイ?っていうのも、チョッと不思議…(笑)。
のこ
2018/02/27 17:31
のこさん、今晩は
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

ハ〜イッ、年間3万キロのペースで移動しています伊勢は案外遠くはないんですよ。上手く高速を利用すれば余裕で日帰りできます。
山名は珍名山に値しますでしょうマイガイは山かと思っていたのですが、どうも廃村の集落か、その付近の地名のようでした。
山ちゃん
2018/02/28 00:12
夢楽さん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今回の珍名山は「切間の八」と云う山名を登録しました。どう考えても山の名前とは思えません諾炬羅山は多幸良山とも書くようなので、追加で珍名山に登録しておきました。
山ちゃん
2018/02/28 00:18
MORINOBUNAさん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

「切間の八」変わった山名があるものでしょう多幸良山(諾炬羅山)は付録ですが、どちらも珍名山には相応しいと思いました。
展望も海岸線が抜群でしたから、遥々やって来た甲斐がありました
山ちゃん
2018/02/28 09:04
poniesさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

南伊勢の「切間の八」、諾炬羅山を多幸良山と書くとは珍名山に相応しいと思いませんかおまけに展望も抜群でしたから、珍名山に登録して正解でした
山ちゃん
2018/03/01 00:15
こんにちは。
白梅を見ながら足取りも良さそうで
すね。
此方での白は「雪の山」{%春webr
y%}そろそろ花いっぱいの時節がやって
来ますね。
たまて箱
2018/03/01 15:25
たまて箱さん、今晩は
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

ハ〜イッ、流石に暖かい南伊勢で梅もほころんでいました
御地では白い物はうんざりでしょうが、香りのする白い物は重宝でしょうね。今月末はの季節になりますね
山ちゃん
2018/03/02 21:08
一歩さん、くーさんさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

南伊勢の「切間の八」、やはり、こんな山名は他にはないでしょうから珍名山に登録する事にしましたおまけに、諾炬羅山も「多幸良山」とも書くそうなので追加しておきました。
山ちゃん
2018/03/02 21:15
山じいさん、青木院長さん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

「切間の八」こんな山名があるとは驚きですおまけに、「多幸良山」=「諾炬羅山」は幸の多い良い山とは駄洒落のも程があると思いませんか
山ちゃん
2018/03/04 09:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょこっと山歩き・南伊勢の珍名山『切間の八』&『諾炬羅山』! 山大好きの山ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる