山大好きの山ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょこっと山歩き・大菩薩連嶺の黒岳と牛奥ノ雁ケ腹摺山(T)!

<<   作成日時 : 2017/09/11 09:11   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 6

”17.09.08.(金)
今回は、大菩薩連嶺の一等三角点黒岳(1988m)と、
珍名山及び酉(鶏、鳥etc)の付く山牛奥ノ雁ケ腹摺山(1990m)へ行って来ました
画像

(写真は、牛奥ノ雁ケ腹摺山から見る黒岳)
どこにあるかって・・・
山梨県東部にあり、
広義の奥秩父山塊の南端となる連嶺です。

今回は湯ノ沢峠から北上し黒岳、牛奥ノ雁ケ腹摺山へ、
日川林道へ下り、林道歩きで周回して来ました。
今回の軌跡
画像

湯ノ沢峠〜黒岳までを本記事《一等三角点編》、
黒岳〜牛奥ノ雁ケ腹摺山〜湯ノ沢峠を《珍名山・干支の山編》にしています。
湯ノ沢峠には練馬ナンバーの車が1台停まっている。
どこへ行かれているのか?
湯ノ沢峠 08:00
画像

笹原の道を登って行くと、まだまだ沢山の花が見られる
トモエシオガマ!
画像

ハナイカリは至る所に咲いている。
画像

大きなマルバダケブキも咲いている。
画像

土砂崩れで通行止めの所や、深く掘れた道など、
ロープが張られて歩きやすく整備されているのが有難い。
ウスユキソウ!
画像

ウメバチソウが至る所に咲いている。
画像

ヤマハハコ!
画像

コウリンカが終焉間際で咲いている。
画像

タチコゴメグサも至る所に見られる。
画像

キバナノヤマオダマキが咲き残っている。
画像

草むらの中にはカイフウロがまだ咲いている。
画像

やがて、ピークに乗り上げると白谷ノ丸(茶臼岳) 08:50
画像

この付近の山域は山頂を丸と呼ぶ事が多いようだ。
気持のいい稜線歩きで緩やかに登って行くと、
周囲が伐り拓かれた黒岳山頂 09:15
画像

一等三角点 点名:小金沢山(1987.58m)にタッチ
花が少ないと思いきや、
ハナイカリやコウリンカなど今年の初物に逢えて、
難なく一等三角点にタッチする事が出来た ちょこっと山歩き

《珍名山・干支の山編》に つづく


人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
山ちゃん様 こんにちは
先日音さたの無い日がありましたが、甲斐の国に出かけていたのでしたか。
一等三角点と干支の山というテーマに沿った行動ですね。
題名を見ると一度で二度おいしいことをやったのかと思いましたが、黒岳と牛奥ノ雁ケ腹摺山に分かれていたのですね。
さて、続きでは果たして富士山の雄姿が出てくるのでしょうか。
ぶちょうほう
2017/09/11 09:05
ぶちょうほうさん、こんにちは
いつもコメントを有難うございます

ハ〜イッ、天気が安定してきましたから遠出をしていました
以前から日本一長い山名の山には登ってみたいと思っていましたら、隣に一等三角点の山がありました
富士山は中央道で眺めながらやって来ましたが、
近くまで来ると雲に隠れてしまいました
山ちゃん
2017/09/11 09:31
MORINOBUNAさん、くーさんさん、夢楽さん、”PeRo”さん、Bianco NEROさん、poniesさん、一歩さん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

またまた、今回も遠出をして大菩薩連嶺までやって来ました。上手い具合に一等三角点の山と珍名山・干支の山が隣り合わせにありましたから、一石二鳥で楽しんできました
山ちゃん
2017/09/12 00:01
青木院長さん、shinsukeさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今回は、一等三角点の山の隣に珍名山と干支の山がありました
でも、富士山が見えなかったのが残念です
やはり、一石二鳥は三鳥にはなりませんでした。
山ちゃん
2017/09/13 00:18
遠いところをようこそ( ´ ▽` )ノ
雁が腹も、鳥関連なんですね。なるほど!
来週行く予定です。
富士山、見えませんでしたか。晴れていても、雲が多かったんですね。
しゃら
2017/09/13 08:22
しゃらさん、こんにちは
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

いや〜あっ、雁が入っていますから干支の山にしておきました。それに、一等三角点と日本一長い山名であれば、登る価値がありますでしょう
富士山は途中の中央道から見えていたのですが、近くまで来ると雲に隠れていました
山ちゃん
2017/09/13 10:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょこっと山歩き・大菩薩連嶺の黒岳と牛奥ノ雁ケ腹摺山(T)! 山大好きの山ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる