山大好きの山ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょこっと山歩き・梅雨明け間近な御嶽山!《前編》

<<   作成日時 : 2017/07/20 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 9

”17.07.15.(土)時々
今回は、梅雨明け間近な御嶽山へ行って来ました
画像

(写真は、湯の花峠から見る摩利支天山)
今年も、梅雨明け間近な御嶽山へ、
濁河温泉から小坂口登山道のピストンで行って来ました

濁河温泉登山口から摩利支天山までを《前編》に、
以降、白竜分岐から三ノ池へ下り、登り返して四ノ池へ下り、
継子U峰へ登り返し、継子岳から下山までを《後編》にしています。

濁河温泉登山口(05:00)〜湯の花峠(06:00)〜のぞき岩(06:45)〜お助け水(07:20)〜五の池小屋(08:20)〜摩利支天山(09:20)〜白竜分岐(09:50)〜三ノ池(10:15)〜四ノ池(10:50)〜継子U峰(11:35)〜継子岳(11:50〜12:25)〜飛騨山頂(13:00)〜濁河温泉登山口(14:55)

今回も、標高順に今年の初物やお気に入りの花を並べていきます

早朝だと云うのに役所の方が、
火山防災マップや濡れ物入れ袋を手交に来られていた。

明るくなるのを待って、虫よけ対策をしてスタート
昨年も危なかった登山道の一部は、
修繕や迂回路が造られて歩きやすくなっている
早速、樹林帯に突入するとキソチドリが目に付き、
イチヨウランが多く見られるので、別の記事にまとめてみました。

毎年、よく似ていると思うジョーズ岩!
画像

五月蠅い虫を追い払いながら登って行くと、
湯の花峠から摩利支天山が正面に見えてくる(冒頭の写真)
足下に目をやると、小さな花が雪のように散っている。
ふと、視線を上にすると、サラサドウダンが終焉間際で咲いている。
画像

標高が上がるにつれてモミジカラマツが増えてくる。
画像

何故こんな所に、切り株の隙間にゴゼンタチバナが咲いている。
画像

のぞき岩から、これから登る摩利支天山が目の前に見える。
画像

更に登って行くと、ミドリゴゼンタチバナも咲いている。
画像

まだ、ヒメイチゲの花も見られる
画像

やがて、お助け水にやって来るが・・・
画像

どこから水が湧いているのか?未だに見た事がない
この先、森林限界を過ぎて大岩を乗り越えて行くと、
オオヒョウタンボクの可愛い花が目に止まる
画像

振り返れば、昨日登っていた白山が見えている
画像

岩場の間にはキバナシャクナゲも咲いている。
画像

何やら前方で登山者が騒がしくしているが・・・
やはり、雷鳥の親子が散歩中のようだ
画像

ガスが切れて展望が広がってきたので、
五の池小屋の稜線までダッシュ
案の定!遥か彼方に富士山が見えている
画像

北アルプスの展望を期待して摩利支天山を先に、
途中で一緒になった親子と競い合うように登って行く。
南アルプスを含む大パノラマが素晴らしい
画像

摩利支天乗越の近くまで登って来ると、
北アルプスの展望も広がってくるが、雲の流れが早くて、中々シャッターチャンスがない
結果、見るだけで哀れな写真しか撮れなかった
画像

摩利支天山の山頂までは岩場の花を見ながら
ミネズオウが咲き始めている。
画像

岩の隙間に張り付くようにイワヒゲが咲いている。
画像

そろそろお目当ての花が現れそう
まずは、アオノツガザクラの登場!
画像

続いて、ツガザクラが可愛い花を咲かせている。
画像

更に、真打ち登場!オオツガザクラ
画像

両方の特徴を持った交配種で、
花の形は壷形でアオノツガザクラ似、花柄や花の色は赤っぽくツガザクラ似。
これで、今回の目的の一つは達成出来た
剣ヶ峰は雲に覆われているが、継母岳は綺麗に見えている。
画像

眼下には六ノ池が現れている。
画像

背丈ほどの岩を攀じ登れば、
親子が休憩している摩利支天山頂
画像


ちょこっと山歩き・梅雨明け間近な御嶽山!

《後編》へ つづく


人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
山ちゃん様 こんにちは
木曽御嶽には飛騨側からよく入られますね。
やはりこちら側の方が便利良いですか。
飛騨小坂から濁河温泉までは随分遠いですが、京都からの道のりですと、それほど苦になるものではないのでしょうか。
お助け水は今から40年以上前にはこの岩のところから細々と水が沁み出ていたのを一度だけ見ています。
その後は枯れてしまいましたね。
しかし、この場所から5〜10分ほどの山中で水の出る場所があるとも聞いたことがあるような気がしました。しかし、記憶は曖昧です。

雷鳥はともかくとして、今の時期に白山・富士山・南アルプス・北アルプスが見られるなんて、ラッキーですね。
ぶちょうほう
2017/07/20 09:18
こんにちは!
私たちも御嶽山に行ってきたょ
朝は晴れていたが昼頃からガスが湧いてきて
展望は良くなかったです。

オオツガザクラは継子岳の方で見たのは
アオツガザクラ似?青かった(笑)
コマクサ
2017/07/21 15:23
ぶちょうほうさん、今晩は
いつもコメントを有難うございます

ハ〜イッ、飛騨側の方が近くて便利です。とは云ってもかなりの距離はありますが、今回は白山の帰りですから一番近い登山口ですね
へ〜えっ、やはりお助け水は本当に水が出ていましたか。5〜10分の山中じゃ目印でもなければ、お助け水にはなりませんね?
山岳展望は抜群だったのですが、どうしても欲が出て、もっと良く見えるチャンスを待っていたのが失敗で、山ちゃんのカメラでは上手く撮れませんでした
山ちゃん
2017/07/21 21:17
コマクサさん、今晩は
いつもコメントを有難うございます

へ〜えっ、早速の御嶽山詣でに行かれましたかいつもの事ですが、展望は午前中が勝負ですよね。
オオツガザクラは、アオノツガザクラとツガザクラが同時に咲いている所であれば、見れる可能性があります
山ちゃん
2017/07/21 21:24
夢楽さん、shinsukeさん、motoさん、くーさんさん、MORINOBUNAさん、”PeRo”さん、
今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今年も梅雨明けを待たず、御嶽山へ出掛けてきました。朝の内は展望も抜群でしたが、もっと良い写真を撮ろうと欲張ったのが失敗でした
でも、恒例の花探しは十分な手応えがありました

山ちゃん
2017/07/21 21:36
poniesさん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

今年も梅雨明け前に御嶽山詣でに出掛けてきました。やはり、朝の早いうちは展望も良かったのですが、一瞬の事でシャッターチャンスを逃してしまいましたでも、お目当ての花には順調に逢えてきました
山ちゃん
2017/07/22 14:56
みかんさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今年も梅雨が明けないのに御嶽山詣でに出掛けてきました
イチヨウランを始め、お目当てのオオツガザクラに逢えたのは良かったですが、山岳展望のシャッターチャンスを逃してしまいました
山ちゃん
2017/07/25 00:49
たまて箱さん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今年も、梅雨が明ける前に御嶽山詣でに出掛けてきました早朝は展望が良かったのですが、欲を出し過ぎてシャッターチャンスを逃してしまいました
山ちゃん
2017/07/26 01:28
青木院長さん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

今回も、白山に続いて御嶽山へやって来ました。
折角の山岳展望を逃してしまいましたが、目の玉には残っています
山ちゃん
2017/07/27 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょこっと山歩き・梅雨明け間近な御嶽山!《前編》 山大好きの山ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる