山大好きの山ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょこっと山歩き・比良山の雪割草(ミスミソウ)を訪ねて!

<<   作成日時 : 2017/04/06 04:06   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 15

”17.04.02.(日)
今回は、比良山へ雪割草(ミスミソウ)を見に行ってきました
画像

(写真は、薄っすらピンク色のミスミソウ)
今回は、昨日(伊吹山)のリベンジで比良山へやって来ました。
比良山の雪割草(ミスミソウ)は、神爾谷と正面谷で見ていますが、
今年は雪が多いから如何なものか

今回は神爾谷から登り、北比良峠から縦走路で金糞峠へ、
青ガレから正面谷で戻って来ました。

イン谷口には既に5台の車が停まっている。
ワンゲル道の登山口前に停めてスタート 08:25
旧リフト乗り場付近にも2台の車が停まっている。
不思議な事に、リフトの支柱跡に新たな電柱が建っている
旧釈迦駅に向かって何本も設置されている??
釈迦岳分岐から神爾谷へ入って行くと、残雪が現れ始めるが、
登山道を塞ぐほどじゃないので、雪の装備を持ってこなくて正解かな?
例年であれば、登山道脇にシハイスミレが見られるのだが、
花らしき物は皆目見る事が出来ないので、
まずは、神爾滝を見ておく事にする 09:00
画像

水量が豊富で水しぶきが降りかかってくるほどだ。
神爾滝を後に登山道を登って行くと、沢の中を歩く人がいる
お話を伺うと、日本百名山を達成された神戸の方で、
滝めぐりに来られ、他の二つの滝を探しておられるとか、
これから上流は堰堤ばかりだが・・・
谷分岐から郎坊山方向は不明なのであるのかも?
この先、神戸の方と谷分岐まで一緒に登って行く
次第に残雪が増えてきてツボ足では・・・
画像

何とか踏み抜きを回避しながら登って行くと、
トレースのあった先行者に追いつき合流する。
もう神爾谷の雪割草(ミスミソウ)は無理かと思っていたら、
南向き斜面に数株の雪割草(ミスミソウ)を見っけ
画像

もっと沢山ある筈だが残雪に埋もれているようだ
記憶を頼りに右岸、左岸と沢への踏み抜きに気を配り登る。
小さな雪崩跡も多くて、午後からは危なっかしい。
画像

やがて、郎坊山方向との谷分岐で神戸の方とお別れ 10:30
画像

帰宅後に調べると、滝があるのは神爾滝の下流のようで、
神戸の方には無駄足を踏ませて、申し訳ない事をしてしまった。
谷分岐から、最後の急登はショートカットで登る事にする。
イワウチワ群落はまだ蕾堅し状態のようだ。
画像

ショウジョウバカマもまだ花芽が出たばかり。
画像

最後の急登を登り切り、ダケ道と合流し、トラバース道を行くと、
北比良峠 11:10
画像

今回はここまでだが、真っ白な武奈ケ岳が綺麗
画像

眼下には琵琶湖に沖島、後方には鈴鹿の山並が見えている。
画像

登って来た神爾谷の最後の急登も見える。
画像

旧ロープウェイ山頂駅跡の岩陰で大休止
休憩中に登山者が続々とやって来る。
中には福井県からや、初めての雪山の人と色々だ。
気に掛けていた、神爾谷で一緒になった方も到着されたので、
次のミッションに向けて、縦走路を南下する事に。
旧北比良峠まで登り返すと、
蛇谷ケ峰から後方に野坂山地の山並が綺麗に見えている。
画像

この付近で残雪は1m近くありそうだ。
画像

縦走路を南下して行くと、堂満岳や琵琶湖大橋が見えてくる。
画像

シャクナゲの群生地を過ぎて急坂を下り切ると、
金糞峠 12:30
画像

周囲のバイカオウレンはまだ蕾も見当たらない
奥の深谷へ下りてみると、残雪が1mを越えている。
画像

粘り強く探し回ると、バイカオウレンを見っけ
画像

まだ咲き始めたばかりだが、何とか見る事が出来た
画像
画像

金糞峠へ登り返し、青ガレへ下るも残雪が凄い。
画像

途中で堂満岳へ登られるカップルとすれ違い、
スリップに気を付けながら下っていると、
岩に気を取られ、左足を踏み抜きあわや骨折寸前
何とか青ガレまで下って来ると、残雪も少なく歩きやすくなり、
雪割草(ミスミソウ)も簡単に見つける事が出来た。
画像
画像

薄っすらとピンク色っぽい花ばかり
画像

更に、正面谷を探していると・・・
葉っぱはスハマソウっぽいが沢山咲いている
画像
画像

何故か?2輪づつ咲いているのが多い。
画像

丁度、正面谷の方は見頃だったようだ
画像

草丈が短く土の上に咲いているように見える。
画像

今回のお気に入りです
画像

これで何とか今回のミッションをクリア出来たので、
左足を庇いながら、ルンルン気分でイン谷口へ戻る 14:05

予想外の残雪に翻弄されたが、
何とか雪割草(ミスミソウ)に逢う事が出来た

総距離:7.5km
16,654歩の ちょこっと山歩き


人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
山ちゃん様 こんにちは
お土地柄と言いましょうか、流石に雪の多い場所なんですね。
そんな雪の残る中でも16、000歩をあるいて、目標とするものを達成。 お見事ですね。
雪が腐ってくると踏み抜きが厄介で、今回は骨折寸前とのことで、大変でしたね。
そんなことの後に見るミスミソウは格別でしたでしょうね。
ぶちょうほう
2017/04/06 10:40
今年は関西も残雪が多いのですね。

薄ピンク色の雪割草、私はこちらの方が好みです。
上品で可憐ですね。
4月10日から1週間ほど京都に行く予定で、帰りに天気を見ながら山歩きを考えています。
踏み抜きは怖いし・・・
迷いますね〜!
izumi
2017/04/06 15:05
ぶちょうほうさん、こんにちは
いつもコメントを有難うございます

いや〜あっ、今年は特別ですよ。例年であれば沢筋の雪は融けている筈ですから、冬装備なしで登りましたが失敗でした
ミスミソウはバッチリ見頃で甲斐がありました
山ちゃん
2017/04/06 16:36
izumiさん、こんにちは
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

ハ〜イッ、今年はこちらも残雪が多く、まだ1m以上残っている所もあるようです
ミスミソウは神爾谷の方が色付きがいいですが、まだ雪に埋もれていました10日でも残雪は多いでしょうから、鈴鹿南部や和泉山系の方が無難じゃないでしょうか?
山ちゃん
2017/04/06 16:45
MORINOBUNAさん、shinsukeさん、すーちんさん、デンドロ和さん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

今年は遅くまで残雪あり、花探しどころじゃない状態でしたでも、何とか雪融けの早い所で見頃のミスミソウに逢う事が出来ました
山ちゃん
2017/04/06 16:51
くーさんさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今回の山歩きは、今年の雪の多さ実感させられてしまいました軽い気持ちでミスミソウを見に行ったのですが・・・成り行きで北比良峠を周回する羽目になってしまいましたでも、ミスミソウに逢えましたから善としなくっては
山ちゃん
2017/04/06 20:06
こんばんは
其方の山としては、残雪が多いですね。
そのような中でも、さすが山ちゃんさんはお得意の鼻を利かせて、たくさんの花に出会えましたね♪〜
このように花が咲き始める頃の花探しは、格別の楽しみですね♪〜
滝の近辺でネコノメソウが咲いていませんでしたか?
それにしてもミスミソウが、2輪づつ咲いているのも不思議ですが、薄紅を差したような可憐な彩は可愛いですね♪〜
リッキー
2017/04/06 20:28
リッキーさん、今晩は
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

ハ〜イッ、稀に見る残雪で往生しました。
登りの神爾谷では花らしき物は全くありませんでした辛うじてミスミソウを数株見つけるのが関の山でした。
角田のように華やかな色合いの花は無くて、薄いピンクっぽいのばかりでしたが、2輪づつは不思議でしょう?
山ちゃん
2017/04/06 22:20
こんばんは
世界の雪割草を調べていると、写真の花と葉に近いものがヒットしました♪〜
北米東部に咲くアクティローバ、独特の葯や花弁(愕)、非常に良く似ていると思いませんか?
ところで私が角田山で初めて見た雪割草は、ミスミソウだったと思うのですが、最近はオオミスミソウのみが目立っていますが、どこかでミスミソウが生き残っていてほしいと毎年探していますが、未だに見つけられません・・・根絶してしまったのかもしれませんね。
リッキー
2017/04/07 19:58
リッキーさん、今晩は
再度のコメント有難うございます

いや〜あっ、よく調べられましたね
似てるといや似てるかも知れませんが、このようなスハマソウっぽいミスミソウはよく目にしますよ。本来のミスミソウは花弁(咢片)が細くて10枚以上ありますでしょう。鈴鹿では交雑種が増えて中間の花が多くなっています
角田や能登など日本海側の雪割草は、葉っぱも花も大型が多いようですが、地域の特性で春が短いですから一気に咲くには都合がいいように変化しているのじゃないでしょうか?角田や弥彦以外での状況は如何でしょうか?
関西の和泉山系では、花弁は1cm前後のミスミソウが主流です。
山ちゃん
2017/04/08 01:04
”PeRo”さん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

今年の雪が多いのは比良山系でも同じでした。
でも、植物はちゃんと春が判るのか?正面谷のミスミソウが見頃になっていました
山ちゃん
2017/04/08 08:45
比良山もやっと春ですね。
残雪の踏み抜きは危ない!
大怪我にならなくてよかったですね。
これから次々にお花が咲いてきますね♪
楽しみです(*^-^*)
みかん
2017/04/10 14:19
みかんさん、今晩は
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

ハ〜イッ、やっと春らしくなってきましたが、今年は残雪が遅くまで残っています
下りでの踏み抜きは重心が前にかかっていますから、危ないところでした
神爾谷や堂満のイワウチワ群落、シャクナゲやシロヤシオ、ベニドウダンと楽しみですね
山ちゃん
2017/04/11 00:01
ヒデキチ♪さん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今年の雪の多さは比良山でも半端じゃなかったですでも、植物は春の訪れを待ちわびたように、キッチリ咲き始めていました
山ちゃん
2017/04/13 00:15
山じいさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

比良山の雪割草は余りメジャーじゃないようですが、東側(琵琶湖側)の谷筋には沢山咲く所があります。でも、今年は遅くまで残雪がありましたから、神爾谷のミスミソウは1輪しか見る事が出来ませんでした
山ちゃん
2017/04/27 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょこっと山歩き・比良山の雪割草(ミスミソウ)を訪ねて! 山大好きの山ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる