山大好きの山ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょこっと山歩き・鈴鹿(坂本谷)の福寿草を訪ねて!

<<   作成日時 : 2017/03/26 12:00   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 10

”17.03.25.(土)
今回は、鈴鹿の坂本谷へ福寿草を見に行ってきました
画像

鈴鹿には福寿草の群落が幾つかあり、
藤原岳、鈴北岳、霊仙山がよく知られています。
でも、今では麓からの登山道が無くなっていますが、
木和田尾の坂本谷にも大きな群落があります。

今回は、木和田尾に咲く花も見ながら出掛けて来ました。
因みに、木和田尾は藤原岳と御池岳の中間付近にあり、
どちらにも行ける共通の尾根になっています。

山口配水池から白瀬峠への登山道を登って行くと、
早速のお出迎えは、オオミスミソウ
画像

先日(16日)も冷川の別の所でミスミソウを見てきましたが、
やはり、谷あいに咲くのは大きいのが多い
一組2名の登山者とすれ違い、木和田尾に乗り上げる。
残雪を何度か越えながら、展望のいい鉄塔で小休止。
今回の目的の一つでもあったマンサクの花を探しながら登ると、
背丈のあるマンサクの木を見っけ
画像

近くで撮れないのが残念だ
坂本谷・白瀬峠分岐から残雪の多い坂本谷へ下りて行く
東斜面をトラバース気味に下り、南側の岩場へやって来ると、
まだ咲き始めたばかりの黄色い花が点々と咲いている
画像
画像

この花は、2〜3時間もすれば開きそう。
画像

こちらは、もう直ぐにでも全開になりそう
画像

ちょこっと薀蓄・・・
以前は、日本に自生している福寿草は1種と考えられていたそうですが、
現在は4 種類に分けられるそうで、キタミ、ミチノク、シコクと、普通のフクジュソウだそうで、
それぞれの違いは生育地や、咢片の大きさ等があるようです。

これまで目にしてきた福寿草は普通のフクジュソウで、
花弁と咢片の大きさがほぼ同じか、やや短いそうです。
画像

この写真は、花弁を包んでいた咢片が開いて、
花が咲き始めるところですが、花弁と同じくらいです。
次に、葉っぱですが・・・
この花はまだ、葉っぱが展開する前の様子です。
画像

時間が経つと葉っぱが出てきます。
画像

葉っぱの裏には細かい毛があるようです。
画像

花弁と咢片が同じくらいで、葉っぱに毛があるのが判ります。
画像

拡大して見ると咢片にも薄っすらと毛があるようです
画像

坂本谷の福寿草はこれからで、
雪融けが進めば気軽に見れますし、谷あいにも大きな群落があった筈です。
福寿草の勉強もしたので
マンサクの花を探しながら下山する事にします
小休止をした鉄塔へ戻って来ると、枯れ木に何かが見える。
画像

マンサクが綺麗に咲いている
画像

何だか花数が少ないが、山に咲くのはこんなものだろう
画像

ユニークな花姿に何を想像するかな?
画像

これで、本日のミッションは終了したので下山する。
子向井山を越えて木和田尾を下って行くと、
小さなミスミソウが点々と咲いている。
画像

最後の鉄塔から谷へ急降下し、登山道へ合流し、
来た道を下り、山口配水池へ戻って来る。

久し振りに坂本谷の福寿草を訪ねて、
マンサクの花とミスミソウにも逢えた ちょこっと山歩き


人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
”PeRo”さん、MORINOBUNAさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今回は、久し振りに坂本谷へ福寿草を見に行って来ました。目的はマンサクと福寿草でしたが、何とか見る事が出来ました
これで、福寿草の違いが納得できましたから、次は違った福寿草を紹介したいです
山ちゃん
2017/03/26 19:45
山ちゃん様 こんにちは
坂本谷は例の地滑りの谷ですね。
地滑りのあったのは今から15年くらい前になりますか。
地滑り後に下から登っていき、岩屑ゴロゴロの上に良い形の木の根がありましたので、それを持ち帰って床の間に飾ってあります。
地滑り後にあの谷を白船峠から一度だけ下ったことがありますが、まだそれがあってから日が経っていなくて、随分歩きにくいところだったように記憶しています。
その後年月が経ってきていますので、谷筋もだいぶ落ち着いてきているのでしょうか。

谷筋を詰めたところにフクジュソウがあったような気がしましたが、もう、それも定かではありません。

最近フクジュソウも区分けされるようになりましたね。
ぶちょうほう
2017/03/26 21:57
ぶちょうほうさん、今晩は
いつもコメントを有難うございます

ハ〜イッ、その坂本谷です。かなり酷い崩落で登山道はありませんから、今では通過する人は殆どおられないと思います。
谷の最終部分に今でも大きな群落があります。今回は葉裏の確認に行って来ました。これからシコクフクジュソウをアップしますから、違いを比較してみて下さい。
山ちゃん
2017/03/26 22:15
sabuさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

今年も坂本谷の福寿草が咲き始めました。皆さん藤原岳や鈴北岳へ行かれると思いますが、坂本谷の福寿草を見るのにはどろんこにもなりませんから歩きやすいです
山ちゃん
2017/03/26 22:25
アイリスさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

福寿草は4種類もあるそうです。御地の近くにはミチノクフクジュソウが咲く所があるようですが、鈴鹿には2種類の福寿草が咲くようです。
かたが福寿草、されど福寿草で見比べてみるのも一見の価値があると思います
山ちゃん
2017/03/26 22:31
こんばんは
福寿草にも、種類があったのですね♪〜
葉の裏や萼片に、こんなに沢山の毛が生えていると言う事は、北海道にしか自生していないと言われている『キタミ』なのでしょうか?
マンサクもこちらに咲いているマルバマンサクとは違いますね・・・シナマンサクでしょうか?
それにしてもご無事で安心しましたが、崩落した箇所ですから、地盤が不安定で大変だったのでしょうね。
リッキー
2017/03/26 23:03
リッキーさん、こんにちは
いつもいつも、コメント&気持玉を有難うございます

ハ〜イッ、4種類もあるそうですね。ミチノクフクジュソウは福井県に自生地があるのは知っていましたが、シコクフクジュソウなるのもあるそうですね
普通の福寿草はこのくらいの毛があり、キタミはもっと密集しているようです。
こちらの山中ではマンサクの花はこれになりますが、越後はマルバマンサクでしたね。でも、葉っぱの違いだけで花は同じじゃないのですか?
福寿草の自生地は、坂本谷の崩落か所は通過しませんから、至って支障はないんですよ
山ちゃん
2017/03/27 09:03
なでしこさん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

久し振りに坂本谷の福寿草を見に行ってきましたが、まだ残雪が多くて自生地へ辿り着くまでが一苦労でしたでも、葉裏の状況が確認出来ましたから、他の福寿草との違いが判りやすくなります。
山ちゃん
2017/03/27 09:08
shinsukeさん、こんにちは
いつも気持玉を有難うございます

坂本谷の福寿草は、これまで目にしていた何処にでも咲いている普通のフクジュソウだと云う事が確認出来ました。これで、他の福寿草との違いが判る筈です
山ちゃん
2017/03/27 11:05
山じいさん、今晩は
いつも気持玉を有難うございます

やはり、坂本谷の福寿草はエダウチフクジュソウで、普段目にしている福寿草でした。これで、シコクフクジュソウが何処に咲いているのか核心が持てました
山ちゃん
2017/04/27 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょこっと山歩き・鈴鹿(坂本谷)の福寿草を訪ねて! 山大好きの山ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる